273ddcdf.jpg
全世界のファンのみなさまこんにちは
居残りのシーバスを求めて、ふなです。

1月23日の大潮、大寒波。関係なしに釣りに行くとか
もう完全に狂ってる、とか言われそうな夜。

TJAさんに浸かる?と聞かれて、挫折気味だ、と答えたのだが
奥さんが気を付けて行ってらっしゃいと言うので
じゃあいくか、という揺れる心。
こんな寒いのにやめとけ、と言われたら行っていなかっただろうな、と
いうくらい心は定まってなかったのですよ。

っていうか、いけるうちに行っとかないとね。
夜の大潮を楽しめるのは秋から今くらいの時期までで
これから昼間のド干潮の方が水位が低くなってくる。

行けるのはいまのうち。

ってなわけで、おっとり刀で出かけた夜。
サーモンさんのお友達がいるらしい。
先行者2名、なるほど、このくそ寒いのにご苦労様です。
と準備していると、TJAさん登場。

2人で先行者に追いつくと、もうすでに何本か取っている様子。
魚は薄いがまだまだいる。

が、バイトがまったくない。
1時間ノーバイト。周りはポツポツ。

あれ?完全試合の予感。
バイトもないよ、ニートの釣り、とかしょうもないことを考えていると
ようやくバイトが、、、でもエラ洗いしない。

あれ?ニゴイか?と思ったが、見えてきたのはシーバス。
結構型がいい。ネットに納めて70cmくらい。

あとは何やってもバイトなし。
ソコリを迎えました。
1バイト1キャッチ、70cmでした。
この時期はそんなもんかもしれない。

TJAさんは2本、最大80cm、バイトは4くらい?
サーモンさんのお友達は4本、バイトは10くらいもあったそうな、、
先に帰ってしまった先行者さんは、70cmくらいキャッチしたのだそうだ。

4人全員安打、全員70UPキャッチという大団円。
おれはギリギリホゲ回避で
TJAさんはギリギリまで50cm1本だったとか。
もう、冬の釣りの厳しさを表してますね。

帰りに水面にメダカの子供みたいな群れを発見して、
ああ、いよいよ、マクロベイトの釣りになるのか、、、と思いました。
この時期からマイクロベイトが沸いてきますね。

自論なんですが、、、

ベイトの大きさって、1か月1cmだと思っています。
なので、12月は12cmミノーをメインに使っていました。

1月はマイクロベイトで1cm。
案外面白い説かもしれません。
いや、1cmのミノーなんかないじゃないか、と思いますが
例えば、透明なルアーに1cmのマイクロベイトを模した
ペイントが書かれているようなルアーがあってもいいと思っています。
2月になれば、1インチルアーになるわけだし。

って5月頃まではバチの釣りじゃないの?って思います。
いよいよ、苦手なバチ以外の釣りが始まったかと思うと
大変だなって思いました。

それと、もう一つは、大潮以外の釣りも引出しを多くしたい。
小潮回りの釣りてどこで何やっていいかわからないので、、、

この辺が、今年の課題かなぁ。
今回のロストは2本、キャストしたら、なぜかスナップが開いていて、
スナップだけ帰ってきたので、
きっと頭のいいシーバスがスナップを口で開いたのか、妖怪スナップ開きの仕業に
違いない。
見方によればスナップはマイクロベイトに見えなくもないので、
それで釣れる、、、わけないか、、、

水温は脅威の1ケタ。もう、暖かい沖に結構落ちたんだと思う。
シーバスジギングの釣果みても安定しているので
沖のストラクチャーに着いたのかな、って思う。

大半はそうかもしれないが、居残りをどうやって釣ろうか、それを
メインに考えることにしよう。
しかし2月はまったく釣れる気がしない。オフショアに逃げようかな(笑)

凄腕のスコアは168??>193に伸びた。
今月いっぱいくらいだっけ?と思ったら2月14日までだった。
あ、もう少しスコア伸ばせるかも。

基本的にデカイのを釣るには小さいやつの数釣りを諦めねばならぬので
増々辛い釣りになる。

今週は小潮なので、どうするのか悩み中でありますね。っていうか、
フィッシングショーじゃないか!31日に行く予定。

じゃあまた!釣れた!良かった!坊主回避!