a9ebe79d.jpg

aea8e088.jpg

6c652416.jpg

b17c8377.jpg

全世界のファンのみなさまこんにちは
準備はまだまだやってます、ふなです。

最近釣り禁止の場所が増えたね。
漁師は仕事、釣りは趣味だから、迷惑をかけちゃいかんよと。

バスブームの時の霞ヶ浦、北浦の漁港閉鎖の歴史を知っているだけに
同じ轍を踏んでいるなぁと。
今後の流れはすでに歴史が証明してて
どんどん漁港が閉鎖されます。
その流れは止まりません。

一度閉鎖になった漁港は二度と釣り再開になりません。
これは歴史は繰り返すので、そうなります。
かならずそうなります。
いや、今度はそうはならない、させない!と息巻く人がいても
残念ながらその流れは止められません。

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」じゃないけど、
ターゲットがなにになっても、同じです。
漁港閉鎖の波は止められません。
いや、俺は止める!という人がいたら
ぜひ立ち上がってみてください。
その絶望感に打ちひしがれるでしょう。

じゃあプロは何しているのか?と聞くと
1回マナーを守りましょう、くらいの記事出して終わりでしょう。
あとは自分の商売に精を出す。
自ら動いて、何かをする、ってことはないんですよね。
ダメなら次ってやったほうが早いので、

実は、バスの時はもっと露骨でした。
外来魚禁止法とか、みんなで署名や、パブリックコメントで
反対が来ることをわかって霞ヶ関は動いていますからね。

一番大きい団体のトップ、日帰り温泉教の教祖さえ攻略できれば
あとは散発的な動きになることはわかっているので
圧力をかけて、トップに「国とは戦わない」と宣言させたほどです。
敵ながらあっぱれですわ。

私も滋賀県の県議と喧嘩したり、抗議メールを送る
システムで県議だったか市議だったか、、、、講義内容が議事録に残すくらいの活動を
「個人」でやってましたからねー。
あの時のバスプロの中でこんだけやっていたのは
私くらいじゃないかな、、、

まあ、敵は巨大ですわ、周到に準備して、絶対の方法でやってくる。
だから、始まった時には遅いんですよね。
もうすでに、漁港閉鎖の流れが始まったと思っていい。
もう遅いんです。今からゴミ拾いだ、清掃活動だ、とやっても
もう閉鎖という方向性は変えられないのです。

そもそも釣り人による漁港清掃活動はマイナスイメージじゃないか?という
意味の記事を書いたことがあります。
http://crowdlures.blog.jp/archives/21298049.html
無視して続けた結果がこのような事態になった可能性があります。

どこか忘れましたが、清掃費を徴収しているにも関わらず
釣り禁止になったとか。
今でも、釣り人による清掃活動はマイナスイメージを世間にPRしていると
思っています。それは変わりません。
自分でフィールドのゴミを拾うことはあっても清掃活動には絶対に参加しません。

なので、まったく違うアプローチをする必要があると思っています。
そして、WIN??WINになる関係を築けたらいいなぁと思っています。
アイデアはあるので、あとは実証実験を繰り返して
全国で釣り禁止になっている漁港を解放する方法です。

早くて数年、たぶん10年後くらいを目安に徐々にやっていこうと思います。

漁港の人が釣り人カモン!どんどん来て!ってなる方法です。
そのためには、まず、自宅に400Lの水槽の設置から(笑)
先は長いな、、、
でもこの1%のひらめきは正しいと思う。その後の99%の努力が
無駄にならないためにも最初が肝心。
全国の漁港を釣り禁止から解放するのが目標です。


さて、くっそ長い前置きは終わりです。

ステッカーを作っております。
何枚か作りましたので、31日会場でお会いした方にプレゼントします。
たぶんそんなに人に合わないでしょう。

パーカーはなんとかTシャツ転写用紙を追加で買って
完成しそうです。
昨日、印刷は終わったのだが、アイロンを奥さんが使っていて借りれなかったので
今夜完成させるのだ。

ステッカーをカットする専用のカッターを奥さんが持っていて
それを借りて整形した。
こういう便利な道具があるのはいいね!

じゃあまた!歴史は繰り返す!同じ轍を踏む!人類はおろかだ!変える人になる!