5c8a1a58.jpg

f561ddf6.jpg

全世界のファンのみなさまこんにちは
ニゴイカップ開催中です、ふなです。

ニゴイカップ開催中
http://crowdlures.blog.jp/archives/69256088.html
賞品は続々準備中!

PPAPルアーも提供してしまおう。
先日は、エントリーカードの作成。

今月にはいろんなごたごたが片付いて来月からいろいろ釣りに
行けるはず。
バチの釣りもしたいんだけど、全然ポイントがわからないなー
金曜日に行ってみようか。
ニゴイが釣れたらいいな。

なんか知らないが最近仕事が忙しい。
月に2日だけ忙しい日があって、あとの20日くらいは暇なはずなのに。
年度末が関係することが多いかな。

1つは3月末で、辞める人がいるので、その人の仕事の巻き取り。
なんだけど、急に辞めるらしく、10何年かかってシステムを丸ごと作りこんで
いたシステムを設計書とかなんもなして、あとは頼む、的な
超アバウト案件。だから大変。
言語も html php mysql javascript と多岐にわたっているが
まあなんとかなるでしょ、というスーパーマン対応必須。

もう1つは社内の新規ビジネスアイデアの発表。
どことは言わないが、ここは国内最大の電話網会社で
マツコを浮かせる仕事をしている。

で、格安SIMを運用するんだけど
その時に問題になる3大障害を取り除いたビジネスモデルを
個人的にやってみて、うまくいきそうだから全社展開しようよ、というもの。
いわゆる Think Big,Start Small,Scale Fast のモデルに当てはめていて
Small Start がうまくいったので、 Scale させようね、というもの。

ちなみに格安SIM移行に伴う、3大障害とは、、

1、端末が故障した時の修理体制
2、テザリングが不可能になる
3、ドコモID登録アラートが出る

この3大問題を解決したもの。
どこの格安SIMも端末保証サービスを始めたが、
月500円といういわゆる保険事業になっている。

月々480円でSIM使っているのに月500円の保証サービスは高すぎる。
この感覚がないのか。
そして、民間修理端末は対象外。キャリアかメーカー修理のみというもの。
これが高いから保険に入らない。入れない。

その問題をすべて解決したモデルをやりましょうよ!というものだ。
最初は家族だけ、その次は親、そして親戚、と徐々にこのモデルを拡大していった。
そして、ついに市販するところまで来た。

今夜か明日発売予定なのである。
種類としては単純に中古スマホなのだが、今までの中古端末と違うのは
格安修理サービスがセットされているということ。

例えばメーカーや民間修理業者で画面割れを修理すると2-3万円かかる。
これを格安の9800円で修理するとかいう権利付きなのだ。

しかもメーカー修理は端末をファクトリーリセット、いわゆる
初期状態になってしまうけど、民間修理と同じサービスを提供するので
画面割れなら画面を交換するだけ、というもの。
本人負担7000円とかも同時発生するし。

だから毎月の無駄な携帯保障サービスは不要。
壊れた時に修理サービスを頼めばいい、その修理メニューは格安、という
新しいビジネスモデルを展開してみようということ。

難しい話は置いといて、これで、キャリアから
格安SIMに移行するならふなの販売しているスマホが格安SIMの正規メニューより
お得になる、という究極の格安SIMプロバイダーになる。

詳しいことは続報を待て、である。
もう、キャリアに高い携帯料金を払うのはやめましょう。
格安SIMなのに、高い携帯保障サービスを契約するのもやめましょう。
修理は格安でやりましょう。民間の修理業者より安い値段で!

これがコンセプトである。
格安SIM戦国時代ですからね。
究極まで費用を安くするには、この方式が最強だと思うわけですよ。

じゃあまた!マツコ浮かす!あ、最近CMやってないな!お昼だ!ご飯食べよう!