85ab354d.png

d6521a22.png

76dd67ba.png

c2d9143a.png

6e70887f.png

全世界のファンのみなさまこんにちは
無料パケット使い放題は魅力的、ふなです。

そういえばメルカリ、ヤフオクで、現金出品が問題視されていますが
ショッピング枠の現金化なので、別にいいんではないか?と思うわけです。
実は今をさること10年前、まったく同じことを考えていました。
で、ヤフオクに現金を出品しようと思っていたわけですね。

その時の証拠が残っておりました。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1420229159
このあたり、、、

いわゆるP2P金融をやりたかったわけですよ。
当時はクレジットカードを登録することが出来なかったので
現金の回収方法が思いつかず、
ヤフオクの評価を担保に出資するという方法を取ろうとしていました。
当たり前ですが、評価0やマイナスや新規の人に10万円を貸すことはないので
評価1あたり100円なので、評価500の人は5万円まで貸すよ、という
アルゴリズムを考えていました。
実際はマイナス評価は100倍なので
評価500、良い501、悪い1、なら、
(501??1*100)=401
4万円まで貸すよ。
同じ評価500でも、良い520、悪い20なら
(520??20*100)=マイナス1500くらい
だから貸さない、
というアルゴリズムでした。

そうP2P金融に「すでにある借り手評価」に
ヤフオクの評価を利用するという画期的なP2P金融をやろうと
しておりました。
貸金業の届け出自体は書類提出だけでいいんですけどね。
貸し倒れを防止する方法がわからなかったので、
そのまま頓挫しておりました。

まあその後、現金は禁止、チャージ済みのSUICAとか出て笑いましたけど。

でもまだまだ、抜け道はいっぱいあるので
知恵を絞って考えてください。

例えば、、1万円札のデザインのメモ帳を出品。
どのくらい似ているか、「比較サンプル」を付けます。なぜか現金書留でしか
送れないので送料は1000円、とか。

国際送金だから日本の法律は適応されません、とか。
paypalとかビットコインとか、、、
まあいくらでも抜け道はあるってことで、、、

そもそもサラ金のショッピング枠の現金化と同じだから
何が悪いのかすらわからん。
個人で金融業の申請出していたら、合法だし。

ステラをクレジットカードで買って、タックルベリーとか
ヤフオクで売るのと何が違うのか?ってことです。

時に私は金融業にも進出しようとしていたんですな。
我ながらアホ(いい意味で)ですね。(自分で言うな!)
金融業と言えば、Fintechでまったく新しい通貨のアイデアを
某日本最大の通信業者に出そうとしていたんですよね。
やっぱり、将来は金融業か?(笑)

このまったく新しい通貨は既存の数学では
表せないことです。
数学は概念の世界の話なので、この通貨は現実の話なので、、、
は?何言っているかわからねーぜ、という方に練習問題。

たとえば、300円持っています。100円でジュースを買いました。
いま、いくら残っていますか?
これを式で表せ、となった場合。
ほとんどの人が
300??100=200
と書きます。

これを現実世界に置き換えると、自動販売機に300円入れて
100円のジュースを押すと、200円のおつりが出てくる。
ジュースは飲んで消えた、という意味になります。
そんなことをする人はいないですよね?

現実世界では、300円の中から1つの100円玉を選び、
それを自動販売機に入れて100円のジュースを買う。
すると財布には100円が2枚残っている。
引き算は出てこないのです。
今は全体で300円ってわかっていますが、
財布の中身をいちいち調べて、その合計額を認識して、100円を使うか?
ということを考えたら数学の世界は必要ないことがわかります。

なので、先ほどの正解は
200円とジュース、が合計額です。
式で表すと
100円玉→ジュース
100円玉→100円玉
100円玉→100円玉
です。

だってジュースは飲んでも飲まなくても、交換した対価だから消えることはないはずなので

もっとわかりやすいかもしれないけど。
1ドル札(およそ100円)と1000ウォン札(およそ100円)と100円玉を持っています。
合計いくらでしょうか?
100+100+100=300
って書きそうなんですけど、
300円のものは買えないですよね?
数学が意味をなさないのです。
1ドル札→1ドル札
1000ウォン札→1000ウォン札
100円玉→100円玉
ですから

でもそれで300円相当のものと買い物できるかもしれません。
フリーマーケットとかでおもちゃとか買う。
すると
1ドル札→     }
1000ウォン札→   }おもちゃ
100円玉→     }
こんな感じ

数学上では表せないんです。
おもちゃは300円相当ですが、300円の代金を100円玉3つで頂いたわけではないので、、、
だからと言って312.12321円の入金というのもおかしいわけで。

古い例でいうと、
100円でポテトチップは買えますが、ポテトチップで100円は買えません、あしからず。
ということです。

我々の世界の金融は数学上の概念の上に構築されています。
それとはまったく関係が無い金融システムがあるとしたら
それはそれで楽しい世界じゃないかなーと思うわけです。

まあ実際にFintechなアイデアコンテストでもあったら
応募しますわ。理解できる人がどのくらいいるかわからないけど、、、
もちろんコンピューター上で処理できるものです。
しかし数学上の概念とはまったくかけ離れているので

100円玉が3つあったら合計いくらですか?という回答に
300円、という回答は間違いということになります。
財布に300円玉が1個入っているという解釈になるので。
正確には100玉が3つですよね、合計も100円玉が3つなのです。
数学要らない、計算もいらない。そんな金融システム。
お金を使うには計算というスキルが必要、という概念さえなくなる。

画期的すぎて何を言っているのかすらわからないと思います。
そんな概念の世界もあるってことで、、、

という、前置きは置いといて

格安SIMの通信設定で前回ターボOFFにしてそれからどうなったか?

使ったら、無料SIMというか容量無制限で使えるんじゃない?という記事の
続報になります。

あれから黄色の容量制限関係なしのモードのまま、1日100MB近く使ってます。
パケット代がタダだと思うと、バンバン通信するわけです。
まあちょっと遅いけどね。
逆にChromeとか、低速向けブラウジングとか開発してほしいわ。
大きい画像を小さく見せるには大きい画像のダウンロードで遅いけど
小さい画像のままだとサイズ小さいはずなので、、、

しかし、ちょっと困った問題が、、、
アンドロイドの標準のモバイルデータのカウントに含まれてしまうので
容量制限のアラートが上がってしまいます。
そうか、ターボONだろうが、OFFだろうが、本体は通信容量をカウントするので
分けられるのはWIFIのみになるのですね。

そこで、、、標準のアラートは切って
格安SIMのアプリで、実際の容量制限アラートを設定しましょう。
この場合はOCNモバイルONEなのですが、、
アプリに設定することにより、正しい容量制限アラートがあがります。

1週間で800MBと1日100MB前後無料通信で間に合ってます。
あ、これは結構いけるかもしれないね。
黄色でいっぱいの通信記録。
黄色は無料なので、バンバン使っても大丈夫、なのです。
これで月末まで乗り切れそう!なのです。

はい、無駄なお金を払って、追加の容量を買うより
無料通信で贅沢に使ってみましょう。
予測を見たら、今月は6GBくらい使うよ!ってありました。
それを3GBのプランで利用しているのですから
お得ですよね。

じゃあまた!無料がうれしい!使いすぎても平気!限界に挑戦!5月は無料分だけで過ごすか!