13b1b75a.jpg

74c344c7.jpg

1fb93422.jpg

52707376.jpg

55d35416.jpg

90662d75.jpg

184acf6b.jpg

fd95a654.jpg

773c8f34.jpg

3126a894.jpg

全世界のファンのみなさまこんにちは
頭の中はマグロだらけ、ふなです。

坂本結びに挑戦しているんですが、これがきれいに出来ない。
全然ダメだな、市販の仕掛け買うしかないのか、、、。
自分で作ると、針70円、糸(5m)12円、パイプ10円
くらいなので、700円とか1000円出す意味がないと思っているんですが
坂本結びという技術料が500円くらいかかっているのかもしれませんね。
100円払うから誰か坂本結びを教えてくれ(笑)

作るべきものが多くて、全然間に合わないかもしれない。
最悪針は買おう、だが、マグロリングは作らねば。
アクティブエイガードをマグロリングに装着したものは
去年の使い回しで。

ということでしたが、頑張りまして
マグロリング5個、針6個を無事結ぶことが出来ました。

マグロリングは天秤にセットして、ヒットしたと同時にマグロリングが
発射されます。仕組みは後日ね!
100m先の船上から投入するより、すばやく、マグロのエラに向かって
落ちていきます。
100mを秒速2mで落ちるのと、4mを秒速1mで落ちるのは
効率が50秒と4秒だから92%も効率がいい。

200gと2gでは、100倍外れにくい。
2000円と100円では、20倍コスパがいい。

総合すると2000倍使いやすいマグロリング。他を圧倒するぶっちぎり性能。

一番難しいのは、カツオがヒットしても発射されずに
マグロの時にだけ、発射される仕組みをどうやって
閾値を設定するか?というところだけですね。
今のところ、フロロ7号かナイロン10号で考えています。
もっと細い方がいいのかな?とは思いますが、、、
3kgのカツオの引き抵抗って何Kgくらいなのか、わからん、、、
4kgのキメジ、マメジでも発射されないように、、、
うーん、10kg超えたら発射するか、、、

作ったマグロリングは0.4mmのピアノ線で、折り畳み出来ます。
折り畳み方式で1個100円いかないくらいですので、
まあカツオがかかって、マグロリング発射して、ロストしても100円ならいいか、、、
というか、折り畳み方式のマグロリングって世界初じゃないのかな?
直径18cmと、相模湾の20kgくらいの大きさを目標にしています。

さて、18cmのマグロリングを作るにはどうすればいいのでしょうか?
円周は直径×円周率だから 18cm*3.14=56cm
30cmのピアノ線2本でちょうどいいということがわかります。
家に在庫していたやつを流用です。

それを、スリーブのSSサイズで、カシメます。
あ、良く考えたら、ピアノ線、折り返せばよかった。強化するのわすれた。
強い力入れたら抜けるな、、、
まあ良い、マグロのエラなんて強い力は加わらんだろう。
そして、スリーブ止めしたところに、熱伸縮チューブをして完成。

消耗品と考えてると、価格は安い方がいいですね。
0.4mmではちょっと細すぎた気がします。
強度の問題ではなくて、沈下速度の話。

ただ、質量が少ないのも意味があって
マグロの口、そして針にぶつかるものですから、
あまりに質量があると、それが原因で針が外れます。

バス釣りやっている人なら知っているでしょう。
ラバージグ、ジグヘッドが外れやすいってことを。
そうですね、質量は軽い方がマグロはばれにくい。
案外0.4mmっていう軽さと強さは、いいかも。

細いので水の抵抗のないのでね。
あれ?なんか苦しい、体が動かない、、とマグロは思うかも(笑)

さらに針を結びました。
針は16、18のみでいいか、大きいのは使わない気がする。
ハリスはフロロ16号と20号を使います。
ポンド数で言うと64LBと80LB。

カツオを狙う&食いが渋い時には細めでいいかも。という使い分け。
本当は12,10号くらいまで細くしたい。
最長6mまでで、どういう時に使い分けるのかわからないけど
どうも渋い時は長いらしい。

坂本結びに関しては、5-6本結んでわかったけど、
どの方式がいいのか、よくわからない。
世間にはいろんな坂本結びがあるの??

結び方で一番のキモはグラビアアイドルの営業である。
いや、違った。
枕である。
4回巻きつけて、枕を作る、管の襷がけを綺麗にする。
その後、わっかを針に3-4回通す、という、一連の工程すべてが謎である。

なんとなくわかったのは、管の襷がけがきれいになるには
こういう手順じゃないと出来ないよなーとか
わっかを針に巻きつけるのは強化パイプを巻き込むようにしないと
綺麗に出来ないよなぁ、と思いながら試行錯誤してみた。

途中で、素手で締め込みとかしたら、シュ!とラインが滑って手をヤケドした。
ライン怖いお。
絶対に素手でライン触ってはいけないね。

強化パイプはケイムラパイプなので、さらに
ケイムラコートを結び目と、針そのものに塗ってやった。
これで、水中で良く見えるはずだ。
原価は100円いかないくらいなので、多少失敗してもどんどんやり直そう。

ハリス本線を引くと、ギュイーンと締まっていく様子は楽しい。
ゆっくり引くのがコツみたいね。早く引くと摩擦熱が一気に出てしまう。

しかし、仕事が手に着かない。
連日、相模湾ではマグロが釣れている。

去年のリベンジを果たしたいところだ。
速報ブログやツイッターのマグロ情報が気になって気になってしょうがない。

6日はコマセだが、11日はキャスティングである。
しかも遠地、静岡からという、、、、
そう、準備期間がない。だから、準備は平行して行う。

キャスティングのマグロも独特なんだろうな、と思いつつ
ルアーは2個しかないんだから、、、
現地で買おうと思っています。
現地の釣具屋に行って船長に、明日何持っていけばいい?的な質問をするのだ(笑)

あとは何を準備すればいいのかな、わからな過ぎて困るわー。

じゃあまた!何でも実験!準備!テスト!人工知能ルアーも持っていこう!