66ab9e50.jpg

f6de1380.jpg

5e610201.jpg

21620e97.jpg

1daf8bd2.jpg

全世界のファンのみなさまこんにちは
明後日は遠州キハダキャスティング、ふなです。

コマセと全然道具が違うな、、、
準備に忙しい。
そういえば、中古ルアーを4つくらい買った。
380円??980円くらいのもの。
それに伴い、ST-66のバーブレスフックを 1/0 2/0 も購入。
スプリットリングも6番だか7番だが、100LB超え。
巨大な魚を相手にしたことがないので、全然実感わかない。

ST-66 2/0 は 18cmのルアーに 1/0 は14cmのルアーに装着。
バランス的にこれでいいのかわからんけど、つけてみた。

今回持っていくルアーに中にはチャーマスこと北村秀行のサイン付きもある。
昔何かのプレゼント企画で、当たったものだ。
シイラでも釣りに行く時にもっていくか、と思っていたが、ずっと
死蔵していたもの、ようやく日の目を見る。

あと、個人的に期待していて持っていくのがハルシオン オズボズ 150 MOKKA
これもプレゼント企画で、ハルシオンの工藤さんからもらったもの。
おそらくシーバス用だと思うんだけど、1.5mmの貫通ワイヤー仕様という時点で
マグロも本体は破壊されるかもしれないけど、釣れるんじゃないの?というもの。
ハルシオン内でもマグロのキャスティングで使っている人いないだろう。
しかもリップ付き、がいい。

どうもマグロルアー=リップレス、という常識が蔓延している。
泳いじゃいけないの?という疑問もある。

そして馬鹿じゃないの?というのが
ビッグベイトというソフトルアー。
これも釣れるかどうかあやしいけど、
バス用のソフトボディのビッグベイトに、100LBクラスのスナップを
内蔵して、強化して、泳ぐんかい!釣れるんかい!というルアー。

マグロルアー=ハードベイト、という思考停止の業界にカツを入れる問題作。

さらに人工知能ルアーも投げるかな。
ルアーに比べてフックが大き過ぎるので、
泳がないと思うけど。いやがるかもしれないし、サメ専用かもしれない。
100LBスナップを4つも使って強化したので、バランスなんか崩れまくりで
いみあるのか!という仕様。


と、ネタだけは豊富に用意。
投げるチャンスあるかわからないけどね。

あとは、HF釣法を試すための、小物を用意。
エビングもね。いろんなアプローチで、キハダを狙いたい。

ビッグプラグをナブラに投げ入れるだけが、キハダ釣りではないと証明したい。
何年かかるかわからないけど。ゆるいテーマで攻略の糸口が見えたらそれでいい。

アドレナリンが出て、昨日は準備を全部してしまった。

そこで、ちょっと驚いたのが、フェルールワックスだった。
8.5ftのキャスティングロッドはバットジョイントなので、
そのままだと、差し込みが固い気がした。
フェルールワックスを塗ってみた。

すると、、、なんと差し込み深度が深くなったのだ。
え?どういう原理で??
今まで5mmくらい差し込み口が浅かったけど、まあこれは一般的な
2ピースロッドの差し込みと同じで、きっちり根本まで入るのは稀だと
思っていたので、その隙間はあって、当然と思っていたのだが。

フェルールワックスを塗ると、すっぽり根元まで入った。
不思議だねー。原理がさっぱり想像つかないんだけど

ってことで、頑張って明後日は遠州キハダキャスティングです。

個人的には明日から有休で、15日までお休みなので、
次回更新は16日ですね。

釣れるといいなー。
最悪カツオでもいい、いや、サバでもいい、、お土産釣らせろー!(笑)

ダメでも2週間後にまたキハダのキャスティングがある。
どっかで釣れろ(笑)って思うと、全部釣れないから、1回1回がんばる!

じゃあまた!天気は良さそう!俺の調子も良さそう!運転大変!釣具屋が移転らしい!がんばるぞー!