7215c0a1.jpg

b6c93fab.jpg

a1fabeec.jpg

643e9d7f.jpg

全世界のファンのみなさまこんにちは
夏休みの自由研究みたいなのになった、ふなです。

子供が。ラメ入りスライムみたいなのを買って遊んでいた。
従来のPVC+ほう砂、のスライムではない感じ。

急激な変形には耐えられず切れるが、ゆっくり伸ばすと伸びる、とかいうタイプ。
キネティック砂のような感じ。

それで遊んでいたのはいいんだが、そのスライムが服についた。
もうべっとりと。これが布について取れないんだな。

ググっても良くわからないので、原材料名から調査してみた。
「キサンタンガム CMC」とか書いている。
どうやら多糖類の増粘剤らしい。食品にも使われているようだ。安心ねー。
なるほど、で、物質的には、粉末らしい。
でもこれはスライム状だ。

加水分解しないようだ。洗濯しても無駄らしい。
そこで、残りのスライムをちぎって、どうやったら分解できるのか
実験してみた。

まずは、自動食器洗い用洗剤。
確か、炭水化物に対して酵素で分解する性質があったはず、、、という
あやふやな情報をもとに、ZIPLOCKにスライムを貼りつけたタオルを
入れて水を入れて、洗剤を入れて様子見してみた。
5分後、、、変化なし。
うーむ、多糖類だから炭水化物を分解する酵素で分解できると思ったのになー

次に試したのは、「塩」
PVCベースのスライムは塩を混ぜると安定してスーパーボールのように
カチカチになるはずなので、似た性質じゃないかなーと思って
小指大のスライムに小さじ半分の塩を混ぜ込んでみた、、、ら。
透明だった色が白濁し、カチカチに固まった。おお、似た性質を持っているんだな。
じゃあ似た方法で溶けるかも、、、

次に実験したのは「酢」。
酸が効くらしい、という情報で、酢につけてみた。
〆スライムだな。
5分後、、変化なし、、、ん?やや溶けている気がする。
気のせいか?

次に「アルコール」
アルコールなら溶けるよね?ってことで、手指消毒用のアルコールジェルと
混ぜてみる、、、溶けない。
いやー、厄介だなー。全然溶けないぞ。
もうクリーニングに出して「キサンタンガム CMC」って指定して
プロに任せるか?

と思って、ZIPLOCKから見てみると、、
食器洗い器用洗剤、、、薄くなっているみたいだ。
少し分解された?一晩置いとけばいいかも。

次に酢、うむ!明らかに分解が始まっている!
これは「酸」が効くってことだな!

酸っぽいのなんかあったかな???
そうだ、ビタミンCがあった。
ということで、ビタミンCこと、アスコルビン酸を小さじ2くらい
入れた水溶液にスライムを入れてみる。
これで、溶けるだろう。
しかし、ビタミンCで洗濯するにはコストがかかりすぎる。

うーん、どうも酢より溶けるの遅い。
よし!クエン酸を買いに行こう!
100円ショップの掃除コーナーにクエン酸を見つけ、ご購入。

これを、小さいバケツに入れて、クエン酸を大量にブチ込み、一晩浸しておいた。
無事溶けたはずなので、あとは洗濯機に入れてきた。
ラメが大量に沈殿していたので、たぶん大丈夫だろう。ということで、
なんとかなりました。

実験をしながら、そういえばエジソンも似たことをやっていたなぁ。
なんだっけ、ひとのおできを溶かす薬とか作っていたよなー。
ということで、平成のエジソンは無事、スライムを溶かしました。
服がダメにならないで良かった。
子供の高いブランド服らしいので(良く知らん)

一晩おいておくと、食器洗い器用洗剤も分解が進んでいたようで
どうも、遅溶性の物質だったのかもしれない。
アルギンサンだったか、人工イクラを作る際にも遅溶性の物質があったっけ。
とか過去の経験が生きてくる。

という、自由研究みたいな洗濯ものの汚れ攻略法をやってて
俺はアホみたいに理系だなーーと感心で自画自賛。

そんな、日曜日、という前置きは置いといて

キハダマグロのライブベイト用ロッドを作成する準備をしてました。
使うのはBOAT??SHOT 80??180という竿です。
グラスソリッドで、数年前にカツオをバンバンライブベイトで釣った竿ですね。
2kgくらいのカツオではびくともしないです。

グラスソリッドなので、キハダのライブベイトにぴったりじゃないか、ということ
なんですが、なんせガイドが小さい。
スピニングロッドなのにガイド小さいので、大型スピニングリールが合わない。

そこで、ガイドを交換することにしました。
大陸より大型ガイドセット10個セット600円を購入。
交換すると大型スピニングリールでも使えるようになるはずです。
ということで、まず、ガイドを取るところから、、、

そこで、古いガイドを取りながら感じたんですが、、
スレッドがナイロンラインのようです。
ようです、というか、そんな感じです。
伸びるんです。

通常ガイドのスレッドって、主にPEラインを使っていたので、
伸びるスレッドってどういう意味?と思っています。
エポキシもやや粘度があるような気がしますので
きっとグラスソリッドにガイドを巻くときは、伸びるスレッドとやや柔らかいエポキシを
使うのが幸せになれるコツなのではないか?と思いながらガイドを取り外しています。

伸びるスレッドといっても限度がありますので、
輪ゴムみたいに伸びはしないのですが、、、
スレッドにナイロンラインかフロロラインの06-08号を使うのは有りなのか?
PEじゃないのか?と心の葛藤があります。
もし、知っている人がいたら、グラスソリッドのガイドの足を巻くスレッドは
これが常識だよ!ということがあれば教えてください。

キハダとはいえ、ガイドに何キロもの力は加わることはないと思うので
ある程度でいいのかなーという気はするのですが、、、、

自分で作った竿でキハダ釣れたらうれしいなぁ。
グラスソリッドだからそう簡単には折れないと思うけど
ガイドが飛ぶ可能性はゼロではないので、、、
うまくガイドが付けられたらうれしいなぁ、というところですね。

じゃあまた!キハダ!タチウオ!カワハギ!季節が変わってきた!