4230a46f.jpg

6017ef14.jpg

31ee735c.jpg

d6e6fd81.jpg

056bea5f.jpg

36dd7576.jpg

52ea76d4.jpg

3769f593.jpg

d76faa3e.jpg

2f0f14c6.jpg

082be661.jpg

e7df7d7e.jpg

18ecec82.jpg

5f57fbeb.jpg

4d3f3a51.jpg

8affdcda.jpg

3a0d3a6d.jpg

全世界のファンのみなさまこんにちは
良かったTKB、イベントとはこうあるべき、ふなです。

そういうわけでTKBにやってきました。
前日には、アサリを剥いて、自作アミノ酸漬けにしておきました。
だんだんアサリ剥くのが早くなってきた気がします。
12時前には寝ました。

5時起床。5:30出発、コンビニ寄って、5:45到着!
近所の須原屋さんから出発。
バイクで5分という、超近所。
須原屋さんのいいところは、船がでかい、エンジンでかい、早い。
エンジンは1000HPオーバーなので、結構快適です。
長さも24mある。
昔は船宿のホームページ見てて、なんで船の紹介とかしてるんだ?
と疑問に思ったものですが、最近では船の紹介も大事ねーと思うようになりました。

全部で20名程度がエントリーしたと思います。
席は左舷胴の間の真ん中。名人にはさまれて釣れないパターンかな??
片舷10名くらい。結構、ギチギチです。
TKBの帽子がいい感じでした。
デザインではなくて、深くかぶれる。これで風が吹いても飛んでいかない。
参加賞にダイワのカワハギのエサ。
これに宿の配布餌も、さらに、自作餌も、なので
合計3種類のエサになります。

準備しているときに、いろいろ忘れ物をしたことを発見。
1、GOPRO
2、装置の固定部品
3、赤いLEDの点滅
4、ラバマックス
5、予備の針買った袋

もうダメダメモードです。
肝心の画期的な装置の固定用具を忘れました。
アホですね。
なので、通常のノーマルな釣行ということになります。

7:00出発し
8:30に竹岡沖までゆっくり走り、スタート。
水深は20??30mあたりをポチポチと、、、

アタリは頻繁です。前回同様、いい感じでアタリが取れます。
針はスピード7号、ハゲ3.5号なんですが、
ハゲにはヒットしないので、全部をスピード7号に変更。

相変わらず20cm前後がコンスタントに釣れます。
なんだけど、どうも私が一番釣っている感じ。
左右の方より倍釣ってる。
ダイワの方も「数は釣れますね!数は!」と煽る(笑)
うるせー!数の中にサイズを混ぜる方法しか知らないんだよ!

釣り方は、オモリトントンから、マイナス目に倒していく、あるいは
べた底、からの聞く、なんだけど。
底を狙うとTKB(トラギス、カサゴ、ベラ)がうるさい。
なので、TKBを避けるために、動かすことになり、結果、大型が釣れないという
ことになっている感じ。

そこで、教科書通りに、TKBがついたままで、さらに誘うと
ヒットし、真ん中にカワハギ、下針にトラギスという
おお、俺ってやるじゃん、みたいなことをして悦に入っておりました。

水深も18mから33mまでいろいろでした。
深い方がTKBが多かったです。
基本的に大型の釣り方がわからないので
底の方を、TKB避けて、早めのオモリトントンでカワハギだけの
アタリを取っていく、という方法を取ったのだが、
TKBが当たらないとカワハギもあたらない、というジレンマに陥ってしまい。
むーん、むーん。

途中で早掛け大会がありましたが、
2位までラインが貰えました。
私は3位でギリギリアウト(笑)
早掛けはなにも無しでした。


教科書通りと言えば、ラインを紙やすりでこするようなバイトを
感じたら、そのままマイナス目に倒していき、聞き上げると
ヒット、という誘い下げの基礎が出来てきたのでまあいいか、、ということです。

そういえば、過去のTKB予選とかのログ見ても
中オモリのマイナス目からべた底だった。
これをもう少し研究しよう。

ということで、数は19枚、サイズは最大24cm、22c、20cmくらいの
66cmくらい。
数はいいんだよ、数は。逆にかみやCSでは数を競うので
数の釣り方を極めるのも面白いかもしれない。
13:00終了、まる八桟橋で閉会式。

すると船別チーム船で、3位!、乗船者全員にクーラーBOXが送られました!!
いいですねー!船長のおかげです。

そして上位の方の発表。
TKB長で79cmくらいという素晴らしい成績。
そのインタービューがいい。

その日、どうやって釣ったか、大きいの釣り方を解説していただくという
良いコンテンツ。インタビュアーの宮澤さんが、いろいろ聞いてくれるので
すごく助かる。

釣り方、針の大きさ、釣れた時間などなど、この日の正解パターンを
参加者全員が共有できる。
すばらしいエクスぺリエンスです!
これがイベントを行う意義です。
この日の正解パターンはなんだったのか、を参加者全員が知ることが出来る。
これが大会の醍醐味なんですよね。

自分との違いをみなさんしっかりと受け止め
良質なエクスペリエンスを得ることが出来ました。
集計だけして終わり、という意味のないイベントとは雲泥の差です。

通常釣り大会の上位にはロッドやリールが商品として出ることが多いのですが
この大会はありません。そもそも、ロッドとリールはダイワ製品と決まっています。
だから、ロッドとリールは各自が買うモノ、と定義されているのだと思います。
それ以外が商品に出るので、いいと思いました。

あと気になったのは、参加賞、入賞商品にステッカー、アパレル類が
まったくなかったことです。ステッカーくらい配れば宣伝になるのに、、
と思いました。きっとこれは記事体広告のようなコンテンツで
ダイワメインってわかっているのにさらにダイワの宣伝をすることはない、という
判断なのかもしれません。ちょっとこれは意外でした。
ある種の美学、矜持を見た気がします。
ちょっとダイワさん好きになったかも(笑)

使ったエサは自作のエサ5パック分でした。
自作のエサ3パック分と、配布された餌は、未使用だったので
そのまま家の冷凍庫へ。

その夜は、カワハギの料理も作ります。
外道のTKBたちも立派な天ぷらのタネに。

裏ワザで、天ぷら粉にマヨネーズを入れるとカラっと揚がるらしいので
それを実践してみました。

そのため、料理は、TKBの天ぷら、カワハギのキモ醤油刺身、天ぷら、煮つけ、骨せんべい
と、なりました。
子供たちは刺身パクパク食べます。
意外に煮つけ、おいしいらしいです。へーへー。
煮つけのところにあるチマチマしたのはカワハギの卵です。
案外、少しでした。

一晩では食べきれないので、今夜も食べますけどね!
ということで、大成功の2017 TKB vol6でした。
来年も参加したいと思います。

しかし、大きさを釣る方法がわかりません。
数を釣る方法はちょっとづつわかってきた気がします。
あと、いい加減に忘れ物を無くしたい。
画期的釣法はかみやCSまでお預けです。
数の釣りで通用するかな、、、

明日は、警戒船講習のため、ブログ更新はお休みです。

じゃあまた!副業解禁に向けて!準備万端!カワハギ釣り面白い!今年の釣りはあと1回!