0a859f8e.jpg

2edfcb3c.jpg

138177db.jpg

245a6520.jpg

e311ea4d.png

90d19148.jpg

全世界のファンのみなさまこんにちは
修理は毎日のように、ふなです。

最近はいろいろやる気が出ないので
ぼーっと映画を見ていることも多い。
そして、目がかゆくなり、鼻水が出てくしゃみ連発、どうも風邪だ。
いや、誰が何と言おうが風邪だ。だからやるきが失せてくる。
だるさがあるんだよね。まあいいか。
そんなわけで、本日の修理はコードレスホンである。

今はさすがにないと思うけど、アナログではない。
デジタルコードレスだ。
アナログコードレス電話なんか、380MHz帯に
強力な電波をまき散らしていて、ほとんどミニFM放送局*10倍並みだ。
普通の免許のいらないミニFM局は出力1mW程度に対し、
アナログコードレス電話は 10mW程度出力している。
マンションの最上階から飛ばせば1kmくらい電波が飛んでいく。
広域受信機を使えば簡単に盗聴(正確には傍受)されるので
使わない方がいい。
聞いていた俺が言うんだから間違いない。

秋葉原には海外のコードレス電話とか売っていて、出力が1W程度あるものもある。
俗称で10kmコードレスとか言われるやつだ。もちろん電波法違反だ。

だからデジタルコードレスである。
1.9GHz帯で、盗聴はまず難しい。
これのバッテリーが死んでるとかいう報告を受けた。

分解してみると、3.6V600mAHというニッケル水素のものだった。
ん?
3.6Vか、確かドローンのバッテリーがそのくらいじゃなかったかな?
と思って、調べたらドローン用のバッテリーが安く売られていたので
購入してみた。
286円。
同じ3.6V600mAHだ。
さっそく交換だ。

実はこのバッテリーは2個目で、1個目は注文したけど届かなかった(笑)
さっそく、取り付けてみた。
コネクタの形が違うので
少々、オスのコネクタを加工しないといけないけど
まあ無理矢理入った。

で、使ってみたら、、、、使えた!やっほー!
接続したてではバッテリー容量が1個しかないので
そのまま充電に。

だけど、一晩経っても「充電中」と表示されたままで、
バッテリーが充電出来ていない。
3日間放置で、2メモリに上がった。
お、やっと充電できたのか、、、

その通り、ドローンのバッテリーはリチウムイオン。
つまり、ニッケル水素の充電器でリチウムイオンを充電するという暴挙に出ているのである。
3日間放置でようやく1メモリ増えたのは
おそらく「トリクル充電」モードになっているからだろう。

ご存知の通り、ニッケル水素の充電方式は??ΔV方式である。
なので、リチウムイオン電池が接続されることは想定外なのであるため
充電器はトリクル充電モードになっているのである、と推測される。

これがしばらく使用して、電圧が下がって充電モードになったら
どんな挙動を起こすかわからないのである(笑)
下手したら発火してしまうかもしれない。

しょうがないので、互換バッテリーを手配するか、、、
これで動けば万々歳だったのに。

と、実はこれは固定電話の話で、
固定電話には月々2400円程度かかっている。
何も通話しないのに2400円。

一方、スマホは毎日いっぱい使って月1800円。
無駄ではないか?この固定電話費。
しかし、世の中には家に固定電話がないと
就職に不利とか進学に不利とか噂がある。

去年はやるやると言っていた。固定電話の激安化に挑戦したいと思う。
具体的には03で始まるIP電話化にするということだ。

そう考えると、まだまだこの電話機には頑張ってもらわないといけない。
じゃあ燃える前にちゃんとしたバッテリー買おうかな。
ROWAの互換品が500円+送料210円。
まあそんなもんか、、、

当たり前だけど、家電は壊れる。
その時に、修理はもちろんだけど、バージョンアップしてあげるというのもいいかもしれない。

実は買った当初、子機は2個だけだった。
子機が高くて買えなかったし、純正品のバッテリーも高くて、と思っていた。
時間は進み、子機の中古や、互換バッテリーが出てきた。
つまりこれってチャンスなんじゃない?ってことなのだ。

発売直後は最低限のセットで、あとで値下がったタイミングで
追加購入することで、最初からフルセット買うよりコストが抑えられるのではないか?
と思うわけです。

考えてみれば、釣り具でも18ステラを一気に3台買うより、
まず1台、あとで中古を1台、そのあとジャンクで2個一作って3台目、
とした方が、トータルのコストは安くなるのでは?という考え方だ。

どうせ、手は1本、竿は1本、同時に使うような状況にはならないだろう、という
考えである。(アナゴは?キスは?)

PCなども同じで、まず最低限のもの、その後、CPUやRAMを値下がったタイミングで
交換なり増設なりすれば、最初から最高のものを買うより安くなるはず。
ということを進めていけばいいのではないか?と。

いや、まあ、一番安いのは「買わない」ことなんですけどね。

じゃあまた!コスト削減!今年はマンションの理事会でコスト削減!25年間で1億円のコスト削減をするのだ!大変だけどね!