全世界のファンのみなさまこんにちは
宝くじ当たった!ふなです。

1億円くらい当たらないかな(笑)
ジャパンネットバンクに口座がある。
ここから宝くじが買える。

ここで買ってみた。
そしたら当たった。
DSC_0431

1000円だけどね!1000円使って1000円当たったのでトントンか!
意味がないね。
DSC_0432

という話。
宝くじを定期購入してみた。
1か月毎週2回で1回200円、週2回*4週*200円=1600円
月1600円分宝くじを定期購入してみた。
まずはお試し1か月。

何がいいかわからないのでまずはロト6にしてみた。
ロト7、ロト6、MINILOTO、を開催毎に買える。
roto

ちょっと様子みて、と思って期限付きで定期購入です。
無期限(選択した期間以降も継続して購入する)ではリスク高い。

roto2

週に2回楽しみがある。
時々、口座をみる時に宝くじが当たってないかな、と確認するのだ。

それが時々当たっていると楽しいね、と思ってやってみた。

しかしながら、えーと、私は宝くじは合理的ではない、と思っています。
いや、おかしい話だ、なんでだ。
宝くじは貧乏人の税金と言われているほど、お金持ちは買いません。
それは、100円に対する期待値が65円ほどであり、投資ではなく浪費にあたるからです。
ギャンブルも同じですね。
パチンコ、3競、オートは浪費であり、投資ではありません。

だから宝くじを買うのは投資ではありません。買っても買わなくてもいい、浪費になると思います。
お金の使い方は、「投資」「消費」「浪費」と3種類に分かれ、
投資はお金を産むことに使う、消費はどうしても買わなくてはいけないもの、浪費は買っても買わなくてもいいもの、
と定義されています。

消費は食費、光熱費、住居費、等の人間が生きていくうえで最低限必要なものに使う物であり、
浪費は使っても使わなくてもいいお金、ということになります。
投資はお金を産むためのもの、なのですが、
ちょっと最近は定義が難しい。
というのも、貯金は投資でした。が、金利が0%近い時代において
貯金は投資ではないのでは?ということです。
1万円を1年預けて利息が30円とかだと、108円の手数料かけて下ろすと目減りするので
貯金は浪費ではないか?という考え方もあります。

実質マイナス金利の金融商品ということです。

で、考えてみよう。貯金は浪費で目減りする金融商品である、と定義したら
そこに宝くじの定期購入があっても不思議ではない、ということです。
宝くじを利率マイナス35%の金融商品と定義すると
そこに投資するお金は浪費です。
が、まれに、増えることもあるので、短期保有、少額保有のギャンブルである、という定義にすれば
浪費の中に入れてもいいのでは?と思います。

浪費は使っても使わなくても変わらないお金なので、
例えば釣り道具を買う、というのも浪費です。
外食も浪費、エステも浪費です。

人間はパンのみに生きるべからず、という言葉にもあるように
消費のみの人生はつまらないのであります。
楽しみは浪費の金額によって、決まる、と言ってもいいのではないでしょうか。
なので、宝くじは金融商品でも投資でもなく、楽しみのための浪費である、と定義してみました。

これは釣りを楽しむのと同じ効果で
当たれば魚がいっぱい釣れる!というのと、当たればお金がたくさん増える!というのと似ています。
浪費ですので、月収の5%以下が適正と言われています。
手取り20万円なら1万円以下であることです。
今月1万円の竿を買ったら、船には来月乗ろう、ということが計画出来るわけですよね。
1万円の船には1回しか乗れないが、5000円の船なら2回乗れる、とかね。
そういう風に計算することが出来ます。

なかなか釣りに行けないので、「宝くじも釣りも同じ浪費」という定義です。
5%以上使っている人は浪費家、と定義されてしまいます。
確か割合で投資20%、消費75%、浪費5%が理想と言われていますから
何にいくら使っているか、計算した方がいいと思います。

ですが!釣り具を買う予算を大幅に拡大する方法があります。
それは、、、釣り具の予算を投資にする、です。
すると、20万円の20%ですから月に4万円も使えます。

投資ですから、利益を生む事業に投資することになります。
世のメディアプロが原稿を書いて原稿料をもらっているとすると
原稿を書く経費として使うお金は投資なのです。
浪費と合わせて25%、なんと月の給料の4分の1まで釣り具に使うことが出来ます。

これは「投資」+「浪費」なので、少なくても投資に当たる部分をメインにしないと
いけないと思います。
その方法はいろいろです。
まず、原稿料をもらえる立場にならないといけません。
リターンがないお金は浪費です。投資ではありません。

あるいは自作の釣り具を作る、でもいいですね。
まだこの世にない、ルアーとか天秤とかオモリとか釣り具を販売する、そのための投資、と
すれば、いいのですから。

自作ルアーを販売、アフィリエイトでもいいと思います。
販売すれば、リターンですから、投資と言えます。

ただ単に高い釣り具を買って、釣りをするだけ、というのは投資ではなく
浪費ですね。釣りで収入を得ている環境になって初めて投資と言えるので。
時々、「この高い釣り具は自分への投資」と言う人がいますが、完全な浪費です。
もちろん、限定品で新品未使用で転売する!というのは投資です。

お金は稼ぐより使う方が何倍も難しいので
あの将棋の羽生さんも、高額な賞金をどう使っていいか、わからないので、
高価な着物を買って、経費にして節税、という記事がありました。
藤井7段もそのうち、高価な着物を買うのではないか、という記事があります。
いかにお金を使うのが難しいか、よくわかりますね。

ということで、たった1000円の宝くじの当選でしたが、「当たった!」という体験は
非日常的なもので、この先に1等当選になるかもしれないという夢は買えるのです。
1等当選って釣りで言えばB.A.S.S優勝くらいでしょうか?
1000円当選は、釣りで言えば、1000円分の魚をゲットしたのと同じ。
キス3匹程度の価値はあるんじゃないか?と思います。

あとは1等が当たりますように。
運だけですね。

はい、買い方はクイックピックですので
数字を指定して買うわけではありません。
もちろん出目を研究して買う、という方法もありますが
出目で買って当たると、おなじアルゴリズムの人がいっぱいいるので、
1等より2等の方が賞金が多い、ということになります。
まあ狙って当てた感が強いですが、経験の流れで言うと
「一等当たった!!!1億円や!」「え?当選者多数で100万円?がっかり」という
ことになります。
出目で研究するのは努力の割に実りが少ないので、
買い方としては、クイックピックか、固定数字、だと思っています。
当選すれば1等が満額もらえるわけなので、キャリーオーバーしてたら
さらにたくさんですね。

そうそうキャリーオーバーしてたらもう1口買うか?という定期購入のオプションがあり、
今回はそれが当たったわけですが、同じ開催の宝くじを2口買う意味がわからないので
現在はそのオプションは外しています。

これで高額当選してたら銀行に行かずとも自動的に当選金額が振り込まれるらしいので
楽しみにまっていようと思います。

ちなみに出目の研究ですが、実際、役に立つ研究はWEB上にはないと思っています。
というのも、ロトでは、数字の出てきた順番を無視して、1回ごとに集計をしているので
例えば
20,5,10,15,35,30,25 の順番で出たとしましょう。
しかし、発表されるのは
5,10,15,20,25,30,35 です。
これでは、出た順番が完全にリセットされているので
どういう風な乱数の関数になっているのか、
わからないのです。

そのため出目に関する研究はあまり意味がないと思っています。
次に、固定数字で買う方法ですが、かすった時と当選の時に
どうやるのが一番いいのか、というアルゴリズムが決まっていません。
例えば、
5,10,15,20,25,30,35 が好きでずっと買うと言う場合。
5,11,16,19,26,31,35 のように、微妙に前後な場合
次の回も同じ数字で買って当たる可能性は低いと思います。
そして、微妙に3個の数字が当たって低額当選の場合、
次回も同じような数字で当選するというのはこれも確率が低いかなーと
思います。
いわゆる、着弾地点に2度目の爆弾は落ちない理論なんじゃないか、と思います。

出目で買う場合、好きな数字で買う場合、ランダムで買う場合、
いづれも数学上の確率としては平等です。

ただし、出目で買う場合は当選の際に通常より多い当選者になるので
獲得賞金が低くなるという実績があります。なので、出目で買うのはやめたほうがいい。
あとは好きな数字とランダム、の2つですね。
これは出目ではない買い方なので、いいと思いますが
例えば好きな数字は1、3、7、11などは好きな人がいると思います。
4、40、44などは好きな人は少ないでしょう。そしてそのことも
分かっている人がいて、きっとその数字を買っています。
つまり、好きな数字で買うのは、出目で買うように偏りが起こると思いますので
当選時に当選金額が低くなるリスクがあります。

なので、唯一、当選した時に当選金額の低下が起こりえない買い方、というのは
ランダムということです。
当選金額上位の買い方はいづれもクイックピックです。

はい、これでクイックピックで買うというのはわかりましたね。
問題は、口数です。何口買うのか?
これは昔から私が提唱している競馬の馬券攻略法の一部を応用します。

馬券を買う時は
例えば、1,2,3の馬が来そうだったら。
1-2
2-3
1-3を買いますね。
で、1-2が的中、とかいうことです。

でもまて、1-2が的中ということはどういうことか。
2-3、1-3は絶対外れるということです。

当てるための馬券を買っているのに、絶対外れる方法で買っているのですよ。
あり得ない買い方だと思うのです。効率が悪い。わざと悪くしている。
ボックス買いとか最低な買い方です。
でも、複数の馬券を買って、どれか当たれ!と思う心理はよくわかります。
だから、競馬における複数買いの基本は
異種馬券購入法です。
18頭で1、2、3番の馬が来そう、と思ったら
単勝1
複勝2
枠連1-1
馬連1-2
3連単1-2-3
のような種類を買います。
今はもっと買い方が増えたのかな?

もし、これで、1-2-3が来た場合、すべての馬券が的中です。
一部の馬券が当たる、ということもあります。
もちろん全部の馬券が外れるということもあるでしょう。

ですが、普通にBOX買いしていれば、全部の馬券が当たる、ということはないのです。
必ず、「絶対に当たらない馬券」があるのです。

そういう技術の応用で、
ロトは複数枚買いません。
10口買って1口当たったら9口は「絶対当たらない券」だからです。
#厳密にいうとボーナス数字があるので、違うけど。まあ考え方の問題です。

なので、必ず買うのは1口なのです。
キャリーオーバーしてようが1口しか買ってはいけません。
沢山買いたかったら、ロト7を1口、ロト6を1口、ロトミニを1口、と言う風に
くじをわけて買いましょう。
これがもっとも効率が良く、当選チャンスを増やす買い方のはずです。
机上の理論では(笑)

同様にジャンボ宝くじも連番3枚以外買うのは無駄です。
バラ10枚買うということは8枚が「絶対に当たらないクジ」なのです。
#厳密にいうと違うけど

この作戦が手間なしで出来るのはオンライン銀行+宝くじの定期購入、だけなんですよね。
毎回1口だけ、窓口で買うって手間はかけたくないですよね。

この方法の利点は毎回10枚買っている人の10倍リスクが低いので
長続きするので、楽しみとしての浪費としてはかなりの低コストになると思っています。
あとは運命の女神様が微笑んでくれるだけかな。

数学と確率のにらめっこって感じがしなくもないですけど。
ちなみにロト6の当選確率は
全組み合わせ 6,096,454通り

1等
1/6,096,454
(0.00000016%)

2等
6/6,096,454
(0.000098%)

3等
216/6,096,454
(0.0035%)

4等
9,990/6,096,454
(0.016%)

5等
155,400/6,096,454
(2.55%)

5等以上
165,613/6,096,454
(2.72%)
つまり
97.28%はハズレくじ


言い方を変えると36回に1回当たる計算ですね。
なんか当たりそうな気がしてきた?

私の買い方なら4-5か月に1度、なんらかの金額が当たる、という計算になります。
(もう1回当たっているからこれから半年くらいなんにも当たらない計算だけどね!)
これはロト6だけだから、ロト7やMINIロト、ナンバーズも併用すれば
毎月何か当たる!ということには持って行けそうですね。
ちゃんと計算していないけど。

ジャンボ宝くじは毎回10枚買っている、とか言う人は、同じコストで
買い方を変えれば当選確率を上げることは出来る、ということです。

そんなことより株だ!ビットコインだ!先物だ!競馬だ!パチンコだ!という人も多いと思います。
大事なことを見逃しています。
それは、、、課税です。
ギャンブルで儲けたら、税金がかかるのです。
宝くじには税金がかかりません。

宝くじ100万円の当選と、ギャンブルで200万円勝ったのは同じ手取りなのです。
(ギャンブルの税金は45%くらい取られる)
安全でしょ?

だから宝くじをギャンブル代わりの浪費とするのは
案外いけると思っています。
期待値の低さとか見なければいい(笑)
公営ギャンブルは期待値75円なので、そこに税金45%をかけると
41円、宝くじより低いですよ。ギャンブルやる意味がないです。

じゃあまた!この調子で1等当たって欲しい!夢を買う!ワクワクを買う!リスクヘッジ!