全世界のファンのみなさまこんにちは
今夜はアジ行きたいところだが、、ふなです。

どうせ今日みんなサッカー見るんだろう。アジ行こうかな(笑)

7月、8月の釣りの予定が決まってきました。
両方タチウオだけどね。
8月はカツオかマグロに挑戦したいが、具体的な日程も
計画もなし。難しいなぁ。
大体の日程はお盆付近でやるんだけど、直前までわからないので
はやく決めたいところだが、いろいろ大変な面があるので、、、
道具はあるけど、スケジュールが決まらないからわからないんだよね。
去年のリベンジの釣り物で、伊勢湾ジギングにするか、遠州カツオ、マグロ、シイラに
するのか、、、
まあ難しい話です。

そんなおり、FAXが壊れました。
どうも、画面が真っ白になってしまったらしい。
何にも見えない。
DSC_0609

そこで、まったく同じ型のジャンクFAXを買って
修理してみることにした。

まずは、画面がまったく見えない感じ。
真っ白である。

本体が壊れたのか、画面だけが壊れたのか、どっちだ?ということで。
分解してみる。
DSC_0608

分解防止の特殊ネジも使っているけど、無視して、分解だ!
DSC_0610

本体を交換するのは、苦労する。
というのも、電話帳が移動できないので、新しいFAXに変えると
電話帳がきれいさっぱり消える。

迷惑電話も多数登録しており、また1から?と思うと大変なのだ。
もう迷惑電話を受けたくないし、
誰から?という不安もある。

だから、本音は変えたくないのだ。
ヤフオクで500円のジャンクを1500円の送料をかけて、送ってもらい。

まずは、壊れた方のFAXを分解する。
そして、ディスプレイパネルが、移植できそうだ、ということを確認して、
ディスプレイパネルの取り出し。
DSC_0611

その後、ジャンクのFAXのディスプレイパネルの配線と交換して、
本体が壊れたのか、ディスプレイパネルのみが壊れたのかを見極める。
接続して、電源を入れると、、、

画面は真っ白のままだ!
そうだ、ディスプレイパネルの故障!と判断出来る。
DSC_0612

できたら、今度はジャンクFAXの分解をして、ディスプレイパネルを取り出す。
無事に取り出せたら、ちょっとディスプレイパネルを接続して、
実験してみる、、、、電源ON!、、、おお!画面が復活した!

ということで、ディスプレイパネルの故障だ!ということが分かり
ディスプレイパネルを移植して終了です!。

ジャンクのFAXはバラバラにして、燃えるごみと燃えないゴミに分別して捨てる。
無事FAXは修理成功でした、、、というのは嘘で。
どうも、留守番電話機能が使えないみたいだ。
えーーー!!!
画面が壊れただけじゃないのーーーー
Oh!ノー!!!
あ、あまりのショックだったので、完成図の写真を撮らず、、、

ということで、どうも、新しいFAXにするしかないかな、、
いや、いや、また同じFAX買って交換するか。子機3台あるんだし。
子機の電池交換したばかりだし。

で、電話帳をどうやって移設するか調べたら、、、
どうやら、子機に転送して、親機を交換して
子機から親機に電話帳を転送、が、可能らしい。

なんだよ!そんな方法があったのかよ。
よし、じゃあ交換するか。
また中古FAX買おう。1000円くらいだし(笑)

ということで、FAX修理大作戦は、半分成功に終わったのである、、、

で、終わったら単なるFAX修理日記だ。
この先に面白い出来事がある。

その際に、、、FAXなので、インクリボンがあるんですが、
これが中に残っているのです。
FAXのインクリボンって、、、使ったところは黒いインクが抜けて
中に巻き取っています。
わはは、これをちゃんと処理しないと
個人情報がダダ漏れです。
ということで、
ジャンクFAXの中からお宝情報が出てきました(笑)
1530350304481

まあ警察や税務署もこういうタイプのFAXなら、証拠集めをこの辺でやるんだろうなーとは思いますが、、

ということで、このFAXの持ち主の詳細な個人情報がわかりました。
関西方面で不動産業をやっている。
大手証券会社に4400万円の資金運用をやっている。
愛人らしき人からFAXで手書きのお手紙が届く(笑)
などなど、いやー、情報の宝石箱やー!

ということで、みなさん、FAXを捨てたり、売ったりする場合は、
FAXのインクリボンや電話帳は消しましょう!
当たり前ですが、出来ていないことが多いと思います。

もうちょっとセキュリティ意識を高く持とうよ!

じゃあまた!FAXって!今時使わないけどね!子機3台と留守番電話機能は欲しい!すでにIP電話化しているよ!