全世界のファンのみなさまこんにちは
ネタが無いので、ネタ作る、ふなです。

釣りに行く用意もしていないので、ネタが無い。
いや、細かいネタがあるけど日記にするほどじゃない。
ということで、過去の未発表の日記の書きかけが出てきた。
そのまま転載してやろうと思う。

内容から判断するに
http://crowdlures.blog.jp/archives/38161394.html
このことらしい。
もう3年も前の話だ。
何がダメだったのか、というコラムと書きたかったらしい。
----------------------------------------------------------------
img_color07

マリア、カーボンバイブ試釣会がダメダメな件

1、何が目的なのかわからない
試釣会を釣果が厳しい時期に行う意味である。
状況が厳しいことは事前に分かっていたはず、なぜ開催したか。
その結果、どうなるか想像できていない

2、中止ではなく延期
25日に厳しい現実を見たはずだ。
でも翌日は延期で再開した、その結果悲惨な結果になった。
この結果は予想出来ていたはず。

3、18gのエビりやすさは異常
26gに比べ18gはフロントフックがボディに引っかかる構造。
異常に引っかかる、10回中4回くらい、40%くらいエビになる。
もはや製品としての体をなしていない。市販してはいけないレベル。
これで、「絡みづらい工夫をした」というのだから
レベルが低すぎる。中華バイブのほうがマシ。

4、プレートが壊れる
ぶつけて、プレートが折れて壊れる。
真鍮なら曲がることはあっても折れない。
折れたプレートは修理出来ない

5、アンケートの目的がわからない
目の前にスタッフがいて、本音を書くとは思えない。
また、なぜ、紙ベースで5分くらいの時間制限なのか。
18gと26gとあって、それぞれの評価を書くことが出来ない。
使用したカラーやタックルデータすらなくて、何を評価するつもりなのか。

6、レスポンス遅い
イベント不慣れはしょうがないがアフターフォローが遅い。
日曜日のAMにイベントが終わって、
デジカメデータ送付が月曜日の定時後(17時過ぎ)、は遅すぎる。
ブロガーのスピード感についていってない。

7、丸投げ体質
アイランドクルーズ(D-marina)に丸投げで
初心者に何を用意すればいいのか、まったくサポートなし
どんなタックルを用意すればいいのか、事前情報なし。
----------------------------------------------------------------
お、ここまで書いていたらしい。
まあよくも悪くもこんだけ書いたな、と言う感じ。
釣れない時は文句出ますね(笑)

まあ出来ることは全部やったのですが、残念な結果は変わらないので
それから2度と、試投会は開催されていないので
もうコリゴリなんだろうな、という気はする。

もっと釣れる時期に釣れる釣り物でやればいいのにね。
去年や今年のイナダとかのように。

少し心配しているのは、マリアさんのルアーが
タックルベリーなんかに新品が大量に流出していることです。
スカッシュなんか投げ売りだった。
良いルアーなのに。

嫌な予感は外れてくれるといいんだけど。

文句言ってますが、マリアさんは嫌いなメーカーではなく、どちらかと言えば
好きなメーカーで、タチウオのメタルフリッカーとか、マグロのローデッドとか、買ってます。
メタルフリッカーを使ってタチウオの大会で、並み居るマリアのテスターをぶっちぎり入賞とかね。

タコベイトのタチウオ用とか、小物でお世話になることも多い。
バイラバイラは全部のカラーを買ったし。そろそろ新色出るよね?

何が好きかと聞かれたら、それは基礎がしっかりしているところかな。
知られていないと思いますが、たとえば塗装面にしてもJIS水準を守ったり
すぐに塗装が剥げる、青い会社とかじゃないようにしっかりしてます。
いわば、「正しい工業製品」を作っているので。

そして、「正しいアプローチ」
気にする人は気にしますが、エビデンスがあって、それをスタート地点として
問題解決に向かっていく。という正しいアプローチをしています。
こういうアクションがいいと思ったので、それを追求した、という
どっかの適当なルアーメーカーとは違います。

例えば、タイラバの目玉にアタックするということが判明して、そのビデオを公開して
第3者が検証可能な状態で、「だから目玉バイトに対応するタイラバを作った」と
いうアプローチは正しい。

その後別のメーカーがネクタイをガジガジするビデオを公開して
ネクタイをガジガジするのに対応したタイラバを作った。
というアプローチも正しい。

だけど、ネクタイをガジガジしていると思うんだよねー
だから目玉バイトはないと「思う」、という適当な言い訳をするメーカーもある。
エビデンスのない主張は無視されるべきなのに、
なぜか同列で語られている。おかしいなぁと。

もっと酷いのは「釣れた」をエビデンスとするルアーメーカーが多すぎること。
釣れたから正しいアプローチをした、ということは証明できないのだ。
回流水槽を完備しているメーカーは少ない。
正しいアプローチをしているとは限らないので、、、
回流水槽のないメーカーのルアーはどうやってちゃんと泳いでいる、と確認しているのか
を考えてしまうのです。

まあそんなわけで、
愛のムチだと思って書いていたんだろうな。

じゃあまた!カーボンバイブいいね!釣れたことないけど!きっと釣れる!釣れたことないけど!