全世界のファンのみなさまこんにちは
既視感、ふなです。

デジャブか、はたまた過去にワープしたのか。
また同じFAXが2台!前にも見た光景だな、、、
DSC_0629

子供は「あれ?」前にも見た気がする、、、と。
そりゃそうだ。

ということで、3台目のFAXでございます。
中古で1000円。送料970円。むーん。

まずは、電話帳のバックアップです。
結局手順としては、

・現在の親機から子機に電話帳を一括コピーする。
・親機を入れ替える。
・子機の登録
・親機の電話帳を削除
・子機から親機へ電話帳をコピーする

という手順を踏まないといけません。

届いたFAXは今回も個人情報バリバリで。
面白いのは留守番電話の内容も消していない(笑)
電話帳もパンパンで(笑)

なぜ気が付いたかというと、子機から親機へ電話帳のコピーをする際に
メモリーがいっぱいです、というエラーが出て終わったから、、、
Screenshot_20180704-201106

そうなんです、一括転送って、通常、上書きと思いますが、なんと、追記なんです。
なるほど、電話番号が消えないようになのね。
ということで、子機から親機に電話帳を転送する時は親機の電話帳を消してから
開始しましょう。

子機3台にバックアップを取るところから設定開始です。
あとで調べたら100件近く登録してありました。
一番多い名前は「メイワク」さんでした(笑)

さて、子機に電話帳をバックアップ出来たら、続いては
いよいよ親機の入れ替えです。
親機を出荷時に戻すのを面倒くさくとやらずに
そのままいろいろやったので、はまるところもありましたので初期化してから始めた方がいいですよ。

親機を入れ替えたら、まずは子機の登録です。
3台あるので、3台とも子機を登録しないといけません。

子機の登録が終わったら、親機の電話帳を削除です。
前の持ち主の電話帳は必要ないので捨てます。
それでようやく、子機から親機に電話帳のコピーです。
DSC_0627

これで、コピーが終了です。
子機はどれからやってもいいでしょう。
いや、ここであることに気が付いた。

子機も中古で買い集めたもの。
電話帳の一括コピーは追記、そうだ、子機の電話帳も消してから!という原則があった。
まあいいか知らない電話帳がいくつか追加されたかも知れない。

これでなんとか、無事FAXの修理は完了したと思います。
めでたしめでたし。

ということで、今回の手順のあらまし。
1、まず画面が消えたのでジャンクFAXを買ってオンサイトで画面を修理する
2、正常性確認中に直ったと思ったら、本体もいかれていたので、リスケする。
3、2台目の中古FAXを用意する
4、親機から子機へ電話帳のバックアップ、バックアップのバックアップ、バックアップのバックアップのバックアップ
5、新しい親機から子機への電話帳のリストア
6、新しいFAXの再起動
7、正常性確認
8、お客さんに報告


こんなところでしょうか!ああIT土方のくせが

ということで、無事FAXは修理できましたとさ。
めでたしめでたし

じゃあまた!仕事いそがしい!暇ならいいのに!おなかすいた!