全世界のファンのみなさまこんにちは
週末は天気がいいですね!ふなです。

週末に向けて準備がちゃくちゃくと、、、
なんですが、、、タチウオの棚がぐるぐる変わります。
120~150gと言っていたのが80gだ、いや、60gだ。
いやワインドで水面だ、というくらいに変わると
準備が!間に合わん!ということで。
何年か前には前日に急に棚が深くなり、あわてて120gを買いに
行ったが120gですら軽かった、という
ことがありましたっけ。

難しいですねー。
ということで、昨日は急遽ワインドとアンチョビ陸式、をどかっとに放り込んで
超浅場から、超深場まで万全の総力戦になる予感です。
いやー、わからんもんだねー。

本日は、タックル、メタルジグ、と来れば、そうですね。
フックについてです。
小物類でまとめられる話ではないので、フックは重要で
これだけで1記事にしてやろうと思っていました。
書き始めていますが、急に、じゃあ頑張って、って終わったら
ああ、飽きたんだな、と思って読み進んでください(笑)

さて、フックですが、いろんな考えがあると思いますが、
私の場合は、「フックポイントは最低8、細軸」です。

フックポイントというのは、タチウオ用フックの形状で
トレブルフックのように3本フックポイントがあるものや、
ボラ掛けの結ぶ前のダブルフックや、シングルチラシと
フックポイントがいろいろあるんですが、
私がおすすめするのは「4本フック」です。

数学的に3本フックより、133%の釣果にアップします。
2本フックより、200%の釣果で
1本フックより、400%の釣果です。

計算上はそうなりますね。
そして細軸でバーブレス、です。
DSC_0663

この理想を満たしているのがVANFOOKの
SabelHook TH-11 #Lです。
他に、湾フグ用のカットウバリやボラ掛けでもいい。
ただし、3本フックになってしまう。

4本フックで細軸でバーブレスですね。
ただし、私のタックルであれば、です。

当たり前ですが、PE2号で、ドラグMAXで、硬い竿で
ゴリゴリ巻く人はたぶん合わないと思います。
あくまでも私の釣りのスタイルであれば、です。

なので、釣りは宗教。その人の釣り方=考え方、も
同じにしないと、同じ道具を揃えても意味がないので。

では、それを理解して頂いて話を先に進めましょう。
船宿ではフックに制限を設けていることが多いです。

それは、やはりお祭り後のトラブル防止で、
細いPE使うので、まつったらまず切れる。
なので、接点はなるべくカバーして欲しい、だから
いろんなアシストフックはカバーしてよ、というお願いですね。
DSC_0659

私は5連スイベルにこのフックを付けることが多いのですが、
これがむき出しだとNGなので、熱伸縮チューブでカバーします。
カバーは夜光タイプを使います。
DSC_0660

フックは、ジグの後ろにつけるメインフックと、スイベル付近につける
アシストフックがあります。
最低2本、1本4フックなので、8ポイント、あることになります。
DSC_0661

バーブレスを使うのも、フックポイントが多いからで
手返しが早くなるように、ですね。

太軸のフックより、フッキングの力が少しで済みます。
これは、フッキングが上手に出来なくても、超深海でフッキングでも
ちょっとの力で刺さるのがいいので。

太軸の代表といえばアンチョビフック、CLUEのフック、が
太いです。タチウオの口は柔らかくはないので、太い針は
浅場や硬いロッドでは威力を十分に発揮しますが、
深場や柔らかいロッドでは、刺さらないことがあります。
フッキングして巻いてくると抜けるのは、
刺さった針が抜けたのではなく、そもそも刺さらなかった、針先が乗っているだけが
外れた、という感じだと思っています。
針の形状から、ふところまで刺さった針は抜けにくいですから。

バーブレスは技術が必要なのですが、そんなに難しい
技術ではないので、ぜひ習得して欲しい。それはポンピングしない、
抜けたと思っても食い上げだからあきらめないで巻く、この2点だけ。
そんなに大したことではないでしょ?
フックの懐まで貫通すれば、ばれることはないです。

細軸で曲げられることはないのか?と言われると、まずないです。
もし、曲げられたらそれはフッキングが弱い証拠、懐まで届いてない。
ドラゴンでも安心して釣れます。
細軸のいいところは、ジグの動きを殺さない。
質量が少ない、水中抵抗が低い、ので、太軸よりいいんですよね。
100gより軽いジグで使うと顕著に差が出ます。

フックと言えば、私はスナップ連動にしています。
スプリットリングをぐるぐるしている時間がもったいないので
すぐに取り外しが出来るように、スナップにつけてます。
DSC_0662

スナップにする利点は、ジグ同士が絡まない。
必要なフックだけ使う。コスト的にいい。
セッティングが出来る、ということで。
前にサバにスナップ吹き飛ばされたりしてたけど
使っているのは、エバグリワイドスナップ2番。
ドラゴンでも飛ばされない。
最近は、8の字とか、雪だるま型のスプリットリングでワンタッチなのも
あるので今後検討してみたいと思う。

さて、アシストフックやメインフックにも
いろいろあるんだけど、セッティング方法がいろいろです。
人によっては、アシストフックを下につける、という人もいます。
いろんな考え方があっていいので、否定はしませんが。

ジグの下に付けるメインフックと、アシストフックの機能の違いから
まずは考えていきたいと思います。
メインフックが役に立つのは、ジグ上に移動している時です。
あるいは横を向いた瞬間です。
ここで、ジグにバイトし、フッキングした場合メインフックにフッキングします。
アシストフックにフッキングする時は、フォール時など、ジグが下に移動している時です。

フォール時に一瞬ジグが止まるとか、アシストフックにフッキングしているので。
あるいは食い上げ時、ですね。ジグを噛んで、上向きに歯がスライドしていき
アシストフックに引っかかります。

もし、アシストフックがないと、ジグを噛んだままジグは下方向へ、
するりと抜けてスイベルを通過し、リーダーを通過します。
そして、気がつかないとメインラインまで歯が触れます。

そうですね、ラインが切れます。
なので、アシストフックは必要なのです。
タチウオを釣るというより、メインラインを守るために
アシストフックは必要なので。

タチウオのバイトは吸うのはなく、噛みつくので
口の中にフッキングさせることは難しく、
口のまわりに針を刺すことになります。

これがエサのタチウオの釣りとは違うところですね。
プロの釣りを見ていると、フォールのアタリを取って巻いてきたら
上がってきた魚のおなかにメインフックが刺さっている、アシストフックは
外れている、という状態をよく見ると思います。
ドラ8の吉岡さんがよくそうなる。
あれは、アシストフックでフッキングしたが、ファイト中に
おなかにメインフックが刺さり、アシストフックが抜けた、という
状態だと思っています。
なので、アシストフックの設定がいまいちなんだろうな、という気はします。
きっと太軸なんだろうと思っています。

タチウオは頭を下にして泳ぐことがない魚なので、
フッキングして「引く」場合は
後ろ向きに進むのです。
なので、他の魚に比べて太軸の針を使う必要がないのです。

これは東京湾のセッティングの話で、伊勢湾だと細軸は使えません。
いや、使えると思うけど、実践投入はためらわれます。
というのも、伊勢湾ではタチウオとタイが混泳している場合があり
鯛が食ったら、細軸の針は伸ばされてしまいます。
なので、細くはないフックが求められます。

東京湾でもサワラとか外道で釣れる場合があるので
サワラの場合を想定しているか?と聞かれると、うーん、それはないかなーと。
混泳ではなく、たまーに混じる、程度なので。

カサゴはあったけど、引きが強い魚でもないので無視していい。
って考えると、東京湾のタチウオ釣りは細軸が最適である、という結論に
至ったのです。
外房のタチウオはやったことがないのでわかりません。
その他の海でもない。やるべきだと思うんだけど、なかなかチャンスないんだよねー。

フックはタチウオとの唯一の接点なので、いろいろ試してみるといいと思う。
そのうち自分のスタイルにぴったりのフックに出会えるだろう。
そしてセッティング。

アシストフックの長さに関しても、諸説あるようだ。
長めがいい人、短めがいい人。
私は長めがいいと思っている。

というのも、仮にジグの長さの半分まで、アシストフックがあったとしよう。
ジグが上に移動している場合。ジグの真ん中にバイトしてもアシストフックが
フッキングする。
ジグの上でも、半分まで進めば、アシストフックにフッキングする。
と、いうことで、フッキング効率は2倍になるのです。
目安はジグの半分の長さ、ということですかね。

長いジグや、ベリーフックがついている場合は別です。
長く、ベリーフックを付ける場合は、アシストフックをジグの半分にすると
ベリーフックと絡みます。

だから逆に短くしないといけない。
当然、ベリーフックも4本フックです。すると、12フックポイントになりますね。
しかし、フックを3本もつけているので、動きは悪くなります。
重いジグでは有効かもしれません。120g以上のジグでは有効だと思っています。

ということで、フックはジグに続いてとてつもなくセッティングが重要で
ジグにバイトしているのに釣れないのは、フックが悪いのですから、、、
だから、ジグに歯形がないか調べるのです。

ということで、タチウオジギングにおけるフックの重要性の話でした!

じゃあまた!100mなのか10mなのか!タチウオの棚はわからん!浅場で爆釣期待!