全世界のファンのみなさまこんにちは
エンジンは出来た、ふなです。

なんのエンジンかは内緒ですが、
前回はエンジンが出来てから4年後に製品発売となりました。
今回は半分の2年程度で製品化したいところ。

さて、本日はタックルベリーで買い物です。
いやこれ以外にも買っているんだけど、あえて紹介する。

本日のテーマはサイレントクレーマーの買い物ってことで。
あ、全然サイレントではないんだけどね。俺の場合。

今から35年ほど前、ソニーのコンポ買ったのですよ。
それからセブンティーンというβビデオ。
AV時代全盛期だったかな。
ソニーがD50という超小型激安CDプレイヤー出した時代あたり。

コンポにはFeCr対応のカセットデッキが搭載されていた。
ビデオはβ方式だった。
カセットはノーマルテープとメタルテープがあって、メタルテープが高かった。
その中間のいいところ取りをしたテープというのがFeCrテープで
これからはこれが主流になるという宣伝文句だった。

ビデオデッキもβ方式が画質が良く、今度の主流になるという宣伝だった。
まあ、結果わかるよね。

どちらもそんな方式は消えたのだった。
まあ一番気に入らなかったのがソニータイマー問題で
1年保証の期間を過ぎると、故障して買い替えを促進するという営業手段。
少ない顧客を囲い込み、いかに自社の利益を上げるか?しか
考えていない会社に見えた。
それ以来、ソニー製品は一切買っていない。
今まで35年間、そしてこれからも。

いや、まてよ、お前のスマホXperiaとちゃうか、と思った人は多い。
そうだ、その通り、家族全員、親戚全員、パパモバイルはXperia製品を
利用している。

が、中古を買って激安SIMを入れているので、ソニーには1円もわたっていない。
ソニーは嫌いだが、ソニー製品でいいものは買う。
が、ソニーには1円も渡したくはない。

その結果、中古品を買うというのが、選択肢として残っている。
これならソニーは嫌いだが、Xperiaはいいので、買う、使う、ということが出来る。

と言うモデルも実験したことがある。
覚えている人がいるかどうか、
http://crowdlures.blog.jp/archives/21298186.html
ヘコアユというコピールアーを作って売るという
炎上商法を昔やりました(笑)
そこで、実験したのは、、
>1個ルアーを買うだけで -501 円から 2499 円までの幅があります。
>買い方により、メーカーに利益を渡すのかどうなのか、は消費者側にあるということです。

新品で製品は手元に欲しい、だが、メーカーに利益を与えたくない。
という層を取り込む方法を考えていたんです。
まじめにね。送料込499円のルアーとかアリババと対等に戦っていたんですよ、個人で(笑)
かなうわけないが、良い実験になった。
良いデータと良い体験が出来た。
今でもコピールアー作っていると思われているのが笑えるけど。
炎上商法の結果だからしゃーない。

おっと横道にそれた。
なものだから、メーカーに利益を渡したくないが製品が欲しい。
という場合を実社会で実現しようとすると
中古店で買う、ということが同じ効果を生みます。
DSC_0737

こんな感じ、好きなメーカーもあります、嫌いなメーカーもあります。

麻原は犯罪者だが、子供は関係ない、というのに似ていますね。
なので、私の手元には嫌いなメーカーのルアーもありますし、使います。
だから「口では嫌いなメーカーって言っているけど、ルアー買っているじゃないか」と
早合点するのは早計です。

残念ながらそう考える人が多いですね。
嫌いなメーカーだから製品自体使わない、という人もいると思いますが
正しくはないかな、っと思っています。
坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、というのが間違いで。

坊主憎くてもいい袈裟はいいもの、という考えが正しいと思っているので。

マンションなんかもそうなんですが、大手だから安心、ということはなく
施工する時期、場所、タイミングで、全然違う仕上がりになります。


サイレントクレーマーは、嫌いだから利益はメーカーに行かないようになっています。
超遠回りの間接的には利益が行くかもしれないんですが、
ほんの少しだけでしょう。10円以下だと思っています。誤差の範囲。

嫌いなメーカーでも、ルアーは優秀な場合が時々ある。
たまには使ってみて効果を確かめないとね。
時々、メーカーの犬やテスター、モニター、以外の人が
良い釣果を上げている時があり、本当か?と思うので。

ちなみに今回はルアーを七本買って三五〇〇円くらい。
1本500円平均、うん!そのくらいが適正価格だと思っています。
ルアーの原価なんて300円だから500円で売りまくるよ、を実現していることになります。

そのくらいが適正価格だと思っているので、言ったことは実行しないとね。

世の中には私みたいに公言するクレーマーは少なくて
ほとんどの人はサイレントクレーマーという行動に移ります。
「あの店絶対行かない」「あそこのメーカー絶対買わない」と
心に決めたことは、外からは見えません。

消費者行動で一番困るのがそのサイレントクレーマーなのです。
なぜか、お客が来なくなった、なぜか売れなくなった、と、理由が表面化
しないのですから。
ぐぐっても出てこないし、アンケート結果にも出てこない(そもそも来ないから)
宣伝が足りないのかな?で、宣伝やヤラセをやっても、効果が出てこない。
一般ユーザーのタックルには使われているようだ、
なのに、売上が上がらない、なぜだ!と頭を抱えてしまうでしょう。

サイレントクレーマーはメーカーにとって厄介な存在なのです。
その存在が大きいければ釣りSNSが潰れる原因になったりするでしょう。

ということで、皆さんも心に決めたルールがあると思います。
それこそが、サイレントクレーマーなんですよね。
無意識に行動していると思います。自分は違うぞ、と思っていても
実際はサイレントクレーマーということになりますね。
DSC_0738

目の欠けたシンペンに赤い目を入れたらウルメイワシぽくなった。
相模湾では釣れそうな雰囲気ムンムン(笑)


じゃあまた!週末は天気悪い!でも気温下がるからいい!ダムに雨を!来週に期待!