全世界のファンのみなさまこんにちは
SLJに興味ある、ふなです。

来月には帰省ですが、その時に
愛知県で何をやるか、迷っています。
やりたいのは遠州沖でのカツオ、マグロのキャスティング。
しかし、、スーパーライトジギングにも興味が出てきた。
いや、逆だな。

乗る船の内容が、SLJに方向転換したみたいだ。
なので、遠州沖のマグロ、カツオのキャスティングが無理なら
去年と同じように伊勢湾ジギング、となるはずが、
その船はSLJに転向したので、用意するなら伊勢湾で、SLJを用意ということになる。

SLJとは、軽いメタルジグを使うんだけど、
そもそも伊勢湾ジギングとはどんなものなのか?
という基礎知識が必要か。

伊勢湾ジギングは流れが速いので重いジグ、細い糸、というのがデフォルトです。
タイラバであれば130gくらいからスタートです。
メタルジグは130gでも軽い方です。
ラインはPE0.8号、これが特徴でした。

何年か前から伊勢湾ジギングをやらせてもらっているけど、坊主になったことはない。
あ、うそうそ、1回丸万丸の午後船で、坊主だったな。

伊勢湾ジギングの特徴は魚種が豊富なところですかね。
なので、用意するタックルがオールマイティな感じで。
タチウオとタイが混在するとかですから。
アジサバを狙ったと思ったらハマチ、いや、マダイ、いや、ホウボウ、いやタコ、
みたいにくるくる変わる。

逆に言えばそれくらい釣らそうと努力してくれるのです。
まあそんなこともあって、伊勢湾ジギングは「今何が釣れているのか?」を敏感に察知する必要がありました。

ジグも150g前後から200gという物がデフォで、持ち運びが大変。という感じでした。

まあ大変なタックルが必要です。
メタルジグの特徴はカリボソとかヒデヨシとか見てわかるように
ずんぐりむっくりなのです。
そう、潮の流れが速いので、ひらひら系のジグは使えない。
流されるからね。

コンパクトなジグ、そしてタングステンが必須ですね。

そこからSLJに転向したようなのです。
あ、もちろん伊勢湾ジギングバトルは参加すれば今年もステッカーを買わせていただきます(笑)

その調査も先日の、日本橋ぶらぶら散歩でチェックしていたのだ。
ということで、まずはSLJとは何か?というところから勉強を始めないといけない。
内容を見ると30-60gのメタルジグ、ラインは0.6-0.8という仕様に。

ここで、気を付けないといけないのが、
先述の、潮の流れが速いので、タングステンやずんぐりむっくりなジグ、というところ。

そうですね。40gのメタルジグ?そんなのダイソーのジグロック、ジグベイトでいいじゃん。というのがダメなんですよね。
ひらひら系のジグに属するので、使えない。流される。
もちろん、潮が止まっている時とかいいけど、
流れている時は東京湾の比ではない。

ずんぐりむっくりなジグかタングステン、で、糸は国産のPE、というのが
必須になってくるわけです。

手持ちのタックルでいうと、ベイトは昔、イシグロで買ったベイトロッドが
少し柔らかくいいかも。
スピニングで言うと、ティムコのジギングロッドがいいかも、ということになります。
青物も狙えるので、リールはドラグ性能のいいもの。
ラインが細いのでドラグの性能は良いことが条件になりますね。

サゴシカッターも多いらしいので、リーダーも工夫が必要ですね。
なので、結構柔らか目のロッドに極細PEにリーダー細め(5-7号)でサゴシ対策のファイトリーダー、という
結構特徴あるタックルが必要なのです。

タックルの話はいいや、手持ちでなんとかなる。
なんともならないのが、メタルジグ類。
40-60gのずんぐりむっくり系は数が少ないなぁ。

手元にあると言えば、マリアのムーチョとか結構ずんぐりむっくり系。
これは鉛なので、ロストも考えると、鉛でももっと揃えたいし
肝心なのは、TGである。
だがしかし、お菓子。ひらひら系のジグは使えない。
ずんぐりむっくり系でさらにTGが欲しい。

ということで、探していてメモしたルアーはこちら。
DSC_0748

メジャークラフトのジグパラTGと
DSC_0747

DUOのドラッグメタルTGである。
いずれも40-60gのTGのずんぐりむっくり系だ。特にDUO。
60gのメタルジグが1700円オーバーというのは尋常ではない値段だ
ジグパラでも1500円弱だ。買い揃えよう!にはならない感じですね。
1個2個、勝負ジグを買うのが精いっぱい。

タイドグラフを見ると当日は大潮で潮がカッ飛んでいるはず。
ってことは、、30-40gは必要ないだろう。
50-60gで調整しないとダメかも。そして、よりずんぐりむっくり系、となると
必然的にDUOしか残らなくなる。
むーん、1700円超えかよ!高いな。1個買うか。

これとは別に、鉛バージョンも買えば、1個700円くらいか、これなら
3個くらい買えそう。ジグパラも抑えで買うかな。

と言う具合に計画を立てることになる。
なかなかSLJは大変かもしれないが、まあ1本50gだから200gに比べれば
4倍は軽いので用意がうんと楽になる。

小物も釣れるし、今後主流になりそうな気はする。
そして、SLJをやってみればどんな感じか、わかるので、
これを関東にも導入してみたい気はする。

さらに、その先に、先日の散歩で買った。小型のメタルジグを使った。
ULJ(ウルトラライトジギング)もやってみたい。
ULJは10g以下のメタルジグを使った釣り方である。

あ、これはチャンスがあれば、来週にやってみるんだけどね。
10g以下のメタルジグでアジ、メバル、のような小物を狙うのではなく
タチウオとか「え?そんな釣り方あるの?」的な使用方法を目指している。
まだ脳内だけですが、まあいけるのではないか?と思っています。

ということで、SLJをやってみたいな!準備しないとダメかな、という話でした!
遠州沖のマグロ、カツオキャスティングなら去年の道具そのまま使うから
それでいいんだけどね!やっぱりこっちもやってみたいな!

じゃあまた!いろんな釣り好き!マグロ!カツオ!ハタ!タイ!伊勢湾!遠州沖!