全世界のファンのみなさまこんにちは
タチウオ準備!、ふなです。

今のままだと、いい感じの天気ですね。
日曜日はタチウオ釣りに行きたいと思います。
翌週は、帰省先で遠州灘のカツオ、マグロキャスティングです。

いろいろ準備忙しい。
さらに、仕事は忙しいとして、プライベートも
アクティブエイガードの生産が追い付かん、いや手作業なので、
毎日コツコツ、作るので、、、
一気に作るのではなく、部品単位にレイヤーが別れているので、
極端な話、ゴムひもを30cmで200本切る、とか永遠な単純作業とか
ひたすらハンダで、エンジン部分作る、とか。
そういう部品群を作って、ようやく、組み立て、という工程があり
在庫少ないからネット注文しておこう、とか、まあ
一人で全部やっていますのでなかなか大変ですよ。

と言っても外注するほど大量ではないので、まだ個人で手作業の固まりですね。

それと同時に、新製品のプロトタイプをコツコツと。
すでにコンセプトプロトタイプは2回作って、いづれも正常に動作することを確認しているので
あとはプロダクト化をコツコツです。コンセプトプロトタイプが動いた時には感動したものです。
いや、今回は回路だけの問題じゃないんだよな、、

いわゆる、50ccバイクがうまく行ったから1000ccの車も同じように
作ることが出来るはず、というのはまったく机上の空論で。
エンジン部分だけ、完成したって、バイクに乗せれば、フレーム耐えられん、タイヤ耐えられん、ブレーキ効かない、
という、今までにない部分を挑戦しないといけないので、、、
そこが解決できないと、いくらコンセプトは良くても、プロダクトでうまくいかない場合があるので。

それと並行して、、実家問題も抱えていて。
どうも、田舎に移住して欲しい、的な話をしたいらしいのだが
そんなことをすると、たちまち貧困層に落ちるぞ、という話の資料を作っていた。

昔の人なので、金利だって7%とか、右肩上がりの経済、給与とか、土地神話、古いモデルしか知らない
ので、「現在はこうだよ!」を教えるパワーポイントとか作ったり。
都市部にいて、子供の生活を支えることが
無制限の生前贈与なんだよ、とかいうモデルを作っていた。
ちなみに、今後100年というスパンで見ると、田舎に移住して子や孫がかってに子育てする場合と
都市部で子や孫の育児サポートをする場合では
なんと40億円の差が出ることがわかった。
今後のトレンドは都市部で子育て支援ですよ。親の役目としてはね。

さらに、マンションの管理組合の理事長をしているので
修繕積立金が25年後に2億円足りない、という問題を解決するので
いろいろ案を出して、少しの値上げとコスト削減で、なんとかなりそう、という
プランを作っていたり、2億円作るのは結構大変よ。
単にコスト削減だけじゃないところが私流の天才的なところで
ついでに抱えている問題、防災対策とかも一気に解決する。

普通、管理費を値上げするという案内しか普通のマンションは出さないと思う。
値上げするということは財布を直撃するので、生活防衛策も同時に出すわけだ。
3000円値上げする代わりに、生活費を3000円値下げするアイデアも出す、
これなら生活レベルは変わらないだろう?ここまで出来る理事長は俺くらいだと思う。
普通は修繕積立金を3000円UPします、という議案だけでしょう。

それは最低の仕事だ。その3000円を捻出する方法まで提案するのが理事会だと思っている。
まあちなみに、3000円UPでは全然足らない。試算でおよそ7000円値上げしないと足りない。
100世帯で25年で割るとそのくらい。
だから7000円UPします、なんていう議案しか出せないのはダメなマンション管理会社だし、ダメな理事会だ。
私に任せてくれたら半額以下の3000円のUPにとどめることが出来る上に
マンション内のイベントを多くして、さらに井戸を掘るなど、防災対策も「含まれて」いるんだよ。
普通は支出が増えるからそういうのもカットするだろう。
逆なんだな、イベント増やすと、支出が減るし、防災井戸を掘っても支出が減る、という
不思議な計画だ。

日常清掃なんか、赤字らしくマンション管理会社が持ち出ししている、というので
なんと赤字を解消して、さらに単価を下げる方法とか、提案出来ている。
なぜマンション管理会社の赤字対策を理事会がやってあげるんだよ、という
不思議な現象が起こっている。そう、俺は天才だからな!(笑)
そんな天才理事長を雇ってみませんか?(自分で言うな!)
法律変わって、外部理事長を雇うことが可能になったので、可能ですけどね。
いや、本当に雇われたら休日潰れて釣り出来なくなるので、ギャランティ次第です。
平日釣りに行けるほどギャランティ出たら考える。

まあ忙しいのはいいことで、暇よりまし。

と言う妄想はおいといて
日曜日のタチウオの準備です。

どうせルアーでみんなやるんだろう?
でも私は違う。吹き流しの天秤でサバの切り身でもやる。
ここにサンマが出てこないのは、ポイントが猿島沖になる可能性があるからだ。
ちゃんとしているだろう?(笑)

ちょっと餌のタチウオ釣りもリハビリしたいのでね。
そして、テンヤだ!ちょっと挑戦したい。
DSC_0787

テンヤの釣りってイワシをエサにするから、イワシも買ってこないと。
激安のテンヤ200円だ。アタリはどう出るのか、わからないけど
やってみないことには概念がわからない。

おそらくアンチョビミサイルと同じ使い方で釣るんだろう。
ってことは、まずテンヤで釣ってみないことには
アンチョビミサイルの使い方もいまいちわからないはず。
未だに1匹もアンチョビミサイルで釣っていないのは
テンヤの釣りを経験していないからでは?と思っているので
まずはテンヤの釣りをしてみて、どういうアタリなのか?という
概念を勉強しないといけないと思っている。
そして、テンヤの釣りが面白いなら、そのうちテンヤのタチウオ船が
関東に出来た時には乗りたいな、ということです。
DSC_0788

さらに、試したいのがウルトラライトジギング(ULJ)。
まあ勝手に呼んでいるんだけど、自分の中の定義として
10g以下のメタルジグを使った水深30mより深いタナの釣り。
アジ、メバル、など、小型の魚を狙う釣りではない。
狙いはあくまでも大型魚。
この方法が釣れるはず、という机上の空論を実践してみて
釣れることを確認出来るはず、いや、釣れないなら釣れないでもいいんだけど、
いづれも確認したい。
DSC_0789

これが出来るのは小型ボートで少人数仕立てでいろんなことを試せる、という
環境にあるからで、普通の大型のタチウオの乗合で、変なことやるのは
多分おこられると思う。

新しい釣法はこうやって開発されていくんだよね。
そして確立したら、こうやるともっと楽しくタチウオが釣れるよ!という
情報発信をすると同時に、メーカーはそれ専用の道具とか売るよね。
私は、そういうメーカーではないので、新しい釣り方を発見しても
きっとこっそりやると思うし、専用の道具やルアーは作らないと思う。
方法は公開しないけど、不思議な方法で釣ることが出来るよ!というくらいの情報発信はするかも。

失敗したらその時、内緒にしておこう。

じゃあまた!防災対策するとマンションの管理費が安くなる!タチウオはいろんな釣り方出来る!どっちも頭の体操だ!