全世界のファンのみなさまこんにちは
気分を盛り上げよう!ふなです。

うーんうーん、悩んで悩んで探して探して、、マグロ用電動リールの話です。
タイミングを逃したので、もうエビングよりコマセの時期に移行したと思います。
だから今シーズン、マグロに挑戦するにはコマセ釣りの道具が必要だと思うんですよね。
スピニングタックルはあるんだけど、エビング、ライブベイトの季節は過ぎた気がします。
船宿は煽っていますが、もう季節的にはオキアミだと思います。

そう、だから今シーズンマグロに挑戦するにはオキアミのコマセしか手がないのだが
電動リールがない。レンタルするか?と思っても3500円くらいかかる。
予算1万円でリールが買いたいのに3500円は払えない。

シマノで言えば4000番以上の電動リール(レバー付き)
ダイワは750番以上の電動リール
ミヤマエはレバーなしが多いみたい、該当なし

って考えると狙うべき中古リールが見えてくる。
予算を2万円まで上げると、かなり楽な展開になるのだが
なかなか難しい。特別扱いするわけにはいかない。
と、思っている。

基本的には予算を上げれば上げるほど簡単に解決する問題。
しかし、条件を厳しくすればするほど良いアイデアが出るという法則に基づき
条件は厳しく設定するのが良いアイデアが出る。

あ、そうだ!ミヤエポック800を売ればいいんじゃないか?
もう深海釣りなんでしないだろう。
そうすれば、予算が増える(笑)

こんな感じで、考えることが大事。
そんなもの、10万円でビーストマスター9000買えばいいんだよ、という
のは違うので。
時々アイデアを頂くのだけれど、教科書通りか、ググればわかることを
語る人が多い。

予算を5万円にすればプレイズ4000がアマゾンで買えます、とかね。
そのアイデアには1円の価値もない。
ほとんどの問題は予算を上げればなんでも解決できる。

予算を掛けずに問題を解決する方法に価値がある。
予算はないが、時間はある、とか、時間はないが、権限はある、とか
権限はないが、解決できそうな人を知っているとか。
いろんな方向性があるはず。

品質の4Bという話を前にもしたと思うんだけど
Bad、Better,Best、そして beautiful の品質があると思っている。
常にbeautifulなアウトプットと目標にしているので
Bestで終わると、beautifulな正解はないのか?と常に考えることになる。

ではこの場合の回答品質を見てみよう
Bad 予算10万円で新品の大型電動リールを買う
Better 予算5万円で新品プレイズ4000を買う
Best 予算2万円で、タナコン750の中古を買う
beautiful 予算1万円でジャンクの電動リールを買って直す

このくらいの品質になると思うわけです。

Bestの品質までは誰でも可能だと思うんですが、
beautifulの品質の回答までたどり着ける人は少ないんですよね。
少なくても予算がない、と言っているのに、予算以上の提案をする人が多い。
いわゆる前提無視の回答。なぜその回答に価値があるのか教えてほしい。

アイデアが陳腐な場合、計画やモデルがうまくいかない場合が多い。
WEB1.0で会員を奴隷化して収益を上げようというfimoは低迷した。
もっといいモデルあっただろう、とか。
おっさんレンタルはBASEなので、0円のものを13万円で売る、というモデルも陳腐だ。
胴元しか儲からない。とか。
釣りマジは、料金を払って乗っている一般のお客を原資に、空き座席を学生に無料開放しているので
学生の料金を他の客が負担しているのと同じ。それで、乗合でその学生が他のお客に迷惑かけるとか
ふざけんなよ、とか。
アイデアが悪い残念なものが世の中に多すぎる。

一方で良いモデルもある。
google MAPのナビ情報など利用者の利用実績が次回の利用者のルート計算の元になるとかだ。
親子釣り教室なんかもいいモデル。
親がその船宿に来られて、2人分料金を払ってくれて、次世代のお客の子供に釣りを教えて
その船宿の常連客になるかも、っていうとてもいいモデル。

一部を切り取って、真似しようとしても無理なモデルもある。
例えばコストコのホットドックがドリンク無制限で180円(税込み)で提供しているのを見て
じゃあ、私もホットドック、ドリンク付きで180円で提供する店を作ろうか、と思ってもそのモデルは成り立たないのだ。
もし、同じホットドックを提供したかったら、コストコを作るしかないので。
一部のみを切り取って、モデル化するのは無理なのである。

おっと前置きが長くなったが、マグロ釣りをするときのキャップが欲しかった。
いや、シャツとかでもいいんだけど、高い。
国内でオリジナルキャップを作るときっと5000円くらいするだろう。1個だけだし。
そこで、中国から輸入してみた。
キハダマグロの柄のキャップが350円くらいであった。
DSC_0989

Screenshot_20180831-100929

そのままでもいいんだけど、文字が欲しい。
だからと言ってシルク印刷を頼むわけではない。
何かいいものないかな?と探すと、はがきサイズの布プリント用紙があった。
3枚で260円とかだった気がする。
これを1枚使って、つばの部分に文字を入れてみた。
DSC_1011
DSC_1012
DSC_1013

細かい切り取りはやらずに、おおまかに切って
間を黒いマジックで塗り潰すのである。
うむbeautifulアイデアである。
「帽子持込みでシルク印刷だと1個5000円くらい、刺繍だと1万円くらい」という
しょうもないアイデアより10倍良い。

これにより、350円の帽子に100円くらいの文字入れが出来て
500円以下で完成しました。

マグロ釣りの際にはこれを着用したいと思います。
まあ、こんなことでもやって気分だけでも盛り上がらないとね!

じゃあまた!アイデアは条件が厳しいほど良くなる法則!厳しすぎると無理だけど!ゆるすぎると陳腐になる!