全世界のファンのみなさまこんにちは
有言実行、ふなです。
1537086876


釣れた時のログは長い!の法則が発動します!
DSC_1185

16日はかみやさんのタチウオ釣り大会でした。
4時半起きで準備して5時出発。バイクでばびゅーんと30分で到着、近くの宿はいいね!
高速使わず下道です!
6時にエントリーして、席を引くとセミトモ。
まあいいか、ということで、出発準備。
7時に出発して、15分で風の塔通過、いい場所だと思います。

さて、用意したロッドは3本、結局メインはバスロッドです。
ブルーダーのグリップ延長。
それに中華リールでギア比9.3という超ハイギアリール。
それに中華ラインです。
0.3号表記ですが、日本だと1.2号くらいだと思います(笑)
中華ラインのいいところは1m毎の白がないので、タチウオカッターの被害に合いにくい。
それでも1スパーされましたけど。
これが200mくらい巻いてます。
日本製ならシマノのタナトルとかいいと思います。白を使っていない。


DSC_1186

見ると、私以外電動リール(笑)
手巻きだって負けないんだからね!
と気合を入れて出発。
8時頃、モンキーアイランド付近に到着。

オモリは50号、メインラインは0.8号です。細いね!
先にリーダー7号を2mくらい、天秤つけて、1本針。
餌は支給されたコノシロ短冊。
DSC_1187

綺麗に切られているので、整形の手間が少しで済む、親切設計。
1パック10切れかな?

天秤は丸いのをまっすぐにのばします。
最初からまっすぐな天秤を買えばいいんですけど、理想形のものは高いし、
ラインカッターでロストを考えると、バンバン買えない。
DSC_1189

丸まったまま使っていませんか?
上質な時間が過ごせなくなりますよ(笑)
オモリは交換する前の小田原60号、テンビンを伸ばしたあと胴付き50号に交換しました。

ほとんどの方は直線天秤を使っています。
私は、タックルベリーで買った200円の中古天秤を丸まっているので、一生懸命伸ばして
使用します。
理屈がわかっていないと、ただ単純に片テンビンを使えばいいや、というものではないんですよ。
人によっては、湾曲した天秤使っている人とかいますけどね。
まあ、釣れませんよ。ゴリゴリの初心者なら、まあしょうがないかなーと思いますが。
もたれとか微細なアタリが取れないので、、、アームがクッションになってしまうから。

仕掛けは自作の1/0 6号2mという、ごく標準的な仕掛け。
市販の仕掛けも使います。
今回は、ササメ、ガマカツ、ヤマリア、ダイワ、といういろんなメーカーの仕掛けを
使いました。

餌を針に刺す時に、身側からだ、いや皮側からだ、と議論ありますが、
これはプロの勝手な理屈です。
というのも、タチウオのケン付針に皮をひっかけて止めるには
どっち側から刺せばいいのか、針の形によって違うのです。

3回の縫いざしにする際、ガマカツの針なら身側から、となります。
なので、ガマカツのプロは身側から!と言います。
でも別の針を使っている場合には、皮側かもしれません。

これは針の形状のケンのどっちを使うのか?によって分かれるので
そんなもん針と仕掛けを見ないとどっちか?ってわかんねーよ!と言うことなんです。

理想は皮側にケンが来てひっかかる、というのがいいですね。
身側にケンが来たら、皮にケンが来ているのが見えにくいので、、、
ブラインドで、ケンが引っかかっていますように!と祈るしかないんですよ。

個人的には身側から刺すのが理想です。
というのも、コノシロは鱗があります。
皮側から刺すと、2回鱗を通過しないといけません。
身側からだと、1回だけでいい。
鱗をどかすと手間がかかり、強引に鱗を刺すと、針先が痛みます。

タチウオにかける前に針先がなまるのは本意じゃないですよね?
なので、
身側に刺して使いやすいタチウオ針を選ぶとガマカツになってます。
強いが折れる、ということ理解していればいいと思います。
そこは好き嫌いがあると思うのでまあ好きにすればいいさ!

ただし、こういう風に基礎から知らないと、
単純に身側、皮側だけを覚えても意味がない、ということを知らないとね!
深いレベルで考えましょうよ。

ということで、水深は65m前後、
結構ボトム付近に反応が出ているようだ。
普通のピッチでしゃくっていくと、アタリはある。
けど、フッキングしない。
なかなかヒットまでしない。

早すぎるのかもと、思って、本当に重いアタリだけを
拾っていくと、なんとかF3はポツポツ釣れる。
いやー、1匹の大きさ勝負なんだけどな。

終始この付近でやるんだけど
午前中で6本とかそれくらいの超低ペース。

周りの釣り方で参考になることがほとんどない。
というのも、みなさん電動リールで、
なんと、タナにビタ止め。え?え?そんな釣法なの?
まあわかるけど、それでも釣れるんだよね。
せめて超低速巻き上げじゃないの??

電動軍団の釣り方はあてにならんし、トモの先輩は、缶チューハイあおりながら
「くそー!乗らない!当たるんだけどなー!やっぱカマボコじゃダメか?」とか聞かれても(笑)
カマボコですか!先輩!良く見たら、カマボコ食べながら缶チューハイ飲んで
「くそー!飽きたわ!」と船内を偵察、、、「最高で93cmだってよ!メーターこねーかな!」
そうですか先輩!頑張ります!

効率を考えて、3回ほど2本バリを投入しましたが、3回とも1投目で
めちゃくちゃ絡まって上がってくる。捨てるしかない。
まともに使える2本針の仕掛けはないんかな、、
結局1本針がいいですよ。

釣り方としては、投入して、底まで、そこから4m上げて、しゃくりスタートです。
え?ハリス2mだから2mじゃないのか?って。プロは全員そう言っているし、教科書もそうなっているって。
なんでって、オモリが底についた瞬間は底から2mに針がありますね。
そこから2m巻いても、ハリスはハリませんよ。
オモリの位置とハリスが同じです。
ハリスをハルにはさらに2m必要でしょ?
だから4mです。
動作が遅いと針が沈む時間を消費するので、2mでいいんでしょうけど
下から2mとかじゃない限り、2m巻いてからスタート、というのは無駄だと思っています。
教科書を鵜呑みにするのはどうかと思うんですけどね。
いや、まあ仕掛けが潮になじむ時間を取る、というのなら理解は出来ますが、、、
底についてすぐに巻き上げるのなら4m必要でしょう。
プロは特にそんな説明もないでしょう。
この辺は、チャンスがあれば「間違いだらけのLTタチウオ」を執筆するチャンスがあれば書きたい(笑)

12時頃まで6本だったかな。まあ低調ですよ。F3で80cmくらいが最大。
自分のドラゴンパターンを試したけど、反応なし。
あ、このパターンは本日ダメなのか、、、、

ということで、全然違うしゃくりを開始。
すると、、、
バイトが深い、一発で食う。
というパターンを発見。
13時から毎回キャッチで10連続キャッチとかだったかな。
船長アナウンスが「釣れるんだけど、サイズが出ないねー」とかいうと
カマボコ先輩が「メーターオーバー釣れる場所に連れてけー」とほろ酔いさん。
DSC_1191

ちょっと移動して、アタリパターンを試すと、
やはり釣れるしサイズがいい。
あ、これは従来のドラゴンパターンでいけるかも、と思って
継続してみた。

従来のドラゴンパターンとは、、、数釣って大きいのを混ぜる、である。
数を釣れば大きいのが混ざる、サイズがいいのが釣れているし、ということです。
8連続ヒットとかの後、ちょっとアワセが遅れて
F3.5で、針が飲まれてしまった。
こんだけ酷使すればそろそろ交換だよね。
ちょっとハリスがザリザリに、切れるかと思って、ぐっと引っ張ってみたけど
大丈夫そう。じゃあ、次の1投で、ハリス交換するか、と思って予備の仕掛けを用意しようと思った。
ハリスザリザリのまま、パイプ被せて、投入。まあF3なら耐えられるだろ。
底に着くまでの15秒くらいの間に、ドカットを開けて、仕掛けを取り出し、
コノシロを付けて、すぐに付け替えられるように用意。

着底から、4m巻き、さらに5mほど巻いてきたら、ドンと重いバイト、ヤバイ、デカい。
大きいのはバイトからわかる、合わせた瞬間からリールのドラグが出るのだ。
F3でも元気なのは合わせた瞬間のドラグは出るんだけど、素直に上がってくるが、
こいつはなかなか上がってこない。ドラグが時々出ながら上がってくる。

「お!慎重なやりとりだね!」とカマボコ先輩。

多分でかいです、それとハリスがキズついているので、、、と説明して
タモ用意しようと巻きながら準備、、、出来ない。

「何?何?タモ使うの???」とカマボコ先輩。

リーダーが見えて、ギラッと魚体が、、、

「デカいね!タモタモ、おい!船長!でかいよ!あんたちょっと待ってろ!」
カマボコ先輩が船長を呼んで、船長はタモの準備、タモ同士が絡まっているようだ(笑)

なんとか、すくってもらい、ドラゴンゲット!
「ありがとうございます!」
針を外そうとすると、針が折れた!セーフ!
ギリギリの攻防でしたが、ドラゴンが確保できました。

ハリスは6号でザリザリ、針はガマカツの1/0、ということを理解してたので、
無理せず、抜き上げず、タモを使ったのが勝因ですね。
カマボコ先輩サポートありがとうございます!
抜き上げてたら、針が折れたか、ハリスが切れていただろう。
1537086876

さっそく計測していただき、121cmだということでした。
上位を確信した、この船では1番のはず、問題は2号艇か、、、

その後、サイズのいいのを何匹が追加して終了。
そのサイズのいいのは99.97cmらしい。(カマボコ先輩談)
もうメートルでいいじゃないか。

ってなわけで、メーターくらいを全部で3本ゲットしたわけで、
3匹の大会でも上位は間違いないと思う。
いわゆる従来のドラゴンパターンがはまった、となりました。
全体では19匹。3本メーター付近。まあいい感じ。
1匹水面でハリス切れF3、1匹ヒットした瞬間にメインラインがスパー!たぶんF3
2匹バラシはタラレバで20匹超えてたか。
12時半まで6匹だったから、本当に後半追い上げたんですよね。

どんなしゃくりかは、来月にでも発表しようかな、と思います。
なぜなら、、、、今週末もタチウオの大会だからだー!すぃーくれっとや!
ドラゴンは狙って釣れます。それはタチウオジギングでも同じなんですよね。

ただ、メタルジグは、当たってから本アタリという方式ではないので、
同じように釣れる、と言うことはないので、別物として考えた方がいいかなーっと。
1537086138

帰港して表彰式、なんと優勝してしまいました。
シマノのゲームロッドを頂きました。
あ、今週末早速使おう!
DSC_1192

LTタチウオに最適だと思う。7:3でM200だからぴったり!
上野ひとみさんから頂きました。ありがとうございます!

かみやさんでは来月はカワハギ大会です!今度は極鋭を狙います!(笑)

その夜、シマノからメールが、、、
ああ!船宿さんがエントリーしてくれたようです!
すごいサービス!そういえば私、探見丸ユーザーでしたわ!
IMG_-pdfq1v

サーベルドラゴンタチウオダービーにエントリーもされました。
そうか120cm以上だからか!俺以外120cmで、俺優勝しろ!(笑)
シマノ帽子かぶってて良かったわ!

さて、気になるタックルデータですが、、、
ロッド:DAIKO ブルーダー66MGC グリップ延長
リール:KASTKING Speed Demon 9.3
ライン:中華ライン (0.3号 200m) 日本規格で言うと 0.8号相当
リーダー:7号2m
天秤:片テンビン、アーム長 45cm
オモリ:胴付き50号(TBで108円)
仕掛け:自作仕掛け 針ガマカツ(デカケン) 1/0 、ハリス 6号2m

餌:コノシロ短冊(船宿支給品)
パターン:従来のドラゴンパターン
長靴:つりーの長靴

まったく参考にならないと思います。
どこをどう見ていいかわからないと思いますので、、、
でも、ドラゴンゲットへのヒントは満載です。

道具なんか、バスロッドだし、リールは中華で6000円だっけ?
ラインは300m800円とかの激安PEだし。
仕掛けは去年作った自作の余りモノ。
道具ではないことがわかりますよね?
あくまで腕です。
この優勝と大阪なおみの優勝は似ていますね。
道具じゃない、腕なんですよ。

でも私は専用ロッドを手に入れたので、次回はさらに私はパワーアップしていると思います。
理想とする天秤についても、自作しはじめました。
仕掛けも今週末に向けて自作します。
もちろん市販仕掛けも使います。
餌は、、、船宿支給で十分です。
腕があれば、関係ないです。

餌についても詳細を書きませんでしたが、
投入時、水面に脂が漂うのを見逃しませんでした。
確実に良い仕込みをしていると思います。
おそらくシークレットです。
逆に冷凍のサバを切っただけの人は釣れなかったかもしれませんね。
私は船宿の仕込みの餌は信頼する方です。
市販餌を配る場合とはまた違いますよ。同じ船宿の餌、として扱ってません。

前から何回も言っていると思いますが、
基礎があって、応用があって、手順があって、釣果になるので、
基礎の技術をおろそかにして手順だけ覚えても意味がないんです。
なんのためにそうするのか、を常に考えましょうね!難しい話ですけど大事な話です。

そしてそれをいかに簡単にしているか、をプロは見せないといけないので。
結構簡単に見せていますけど、裏ではものすごい努力をしているのだ、と
思ってください。

ということで、過去ログでまあ偉そうにタチウオ釣りに関して書いていたと思いますけど(笑)
一応は結果は出た!ということで。言うだけのことはある、と思っていただければ、、、

ちなみに2位の方は2号艇で、テンヤの釣りでした。
110cmでした。
うむ、わかる、これは従来のドラゴンパターンではない。
いわゆるズラシという、私の提唱するドラゴンパターンに近い。
ちょっとうらやましい。
料理の際に、F5.5の121cmドラゴンの胃から出てきたのは
半消化のマイワシ半分でした、つまり、朝一でテンヤが
あのドラゴンに出会っていたら、釣られています。

あのドラゴンはランカーくじ状態だったことがわかります。
あのドラゴンを仕留める可能性のあった人は、私とテンヤの人に限られますので
50%の確率に勝った、だけなのかもしれません。

従来の教科書通りの釣りをしていた人にはドラゴンが釣れる確率は極めて小さいです。
数は釣れるんですが。ドラゴンは釣れません。

という話を念頭に置いて下記のレポートをどうぞ。
http://blue.ap.teacup.com/kamiya-13/18597.html

じゃあまた!よもやま話はまた今後!楽しい!うれしい!また大会だ!パワーアップするのか!失速するか!