全世界のファンの皆様こんにちは
なかなか中国からの流通が、、、ふなです。

最近中国からの荷物がぽつぽつ届くようになった。
世界から部品を輸入している私ですので
常に配送中のステータスの荷物が20個くらいある。
15個は届き、5個は届かない open dispute である。
だいたいそのくらいの確率。
なので、同じものを複数個所で頼むのが必須

いやそんな前置きはいいとして、
4月から漁師になりました。

IMG_ffh8od

過去に漁師になりたいなーというエントリーを上げていました。
http://crowdlures.blog.jp/archives/21296722.html

まあこれは転職相談会なんですが、もう10年前か。
で、10年でいろいろあり、ネットで調べても
漁師になる方法が書かれていますが
具体性がほとんどないです。

これは今回わかったのですが、
法律的な加入方法は確かにそうだろうけど、
実際は全然違う、現場の裁量に任されているよ。
ということです。

だから、東京都で漁師になろうとぐぐると、
八丈島で研修、とかいうページしかヒットしないんですよね。

だからといって私のやった方法を全部公開するわけもありません。
その通りにやるのは小学生でも出来るので、
要するにマニュアルにない方法をどうやって試行錯誤して
到達するのか?という答えのない問題を解く方法を
知らないと、知っている人に聞けばいいという
短絡的な発想しかできなくなるので。

私がもっとも軽蔑する人間の種類です。
なので、どうやったら漁師になれますか?という質問は無視します。

まあそんなわけで、紆余曲折ありましたが、
4月から漁師です。

漁師になるのが目的なわけではなく、漁師になって
やりたいことが出来るようになるのです。
1つは遊漁船と、もう1つはスズキの栽培漁業です。

将来釣り船屋をやりたいので、その準備ですね。
そして釣るためのスズキを増やす。

食料漁業から観光漁業へ、という路線をやってみたいのです。
わかりやすく言えば80cmのスズキ1本を市場に卸すと2000円になるが
遊漁船なら、そのスズキはリリースしても1万円になる。という感じ。
無駄に多く採ることはないでしょう?
1匹の価値を高めましょうよ。ということでもあります。


養殖漁業と栽培漁業は違うので注意。
ちょっと調べていたんですけど
漁師にならずにこういうことをやろうとすると
いろいろ問題がある。

やろうと思えば漁師じゃなくても出来ますよ。
都知事から特別な許可をもらってスズキの稚魚を採取して、、
という面倒な手続きを踏めば出来る。
が、面倒くさいじゃない。

文句言われずに堂々と出来る方法。
何事も飛び込んでみないとわからないじゃないですか。
表面上はこんな感じ、でも実際は、、、ということは良くある。
そして、その事実はぐぐっても出てこない。

皆さんはググって出てこない情報は存在しない情報と認識するかもしれませんが
私は「ググっても出てこない情報には価値がある」と思っているタイプなので
その情報を取りにいきます。
いわゆる自分の足で稼ぐ、ということです。
それをやっているのが新聞記者でありテレビの取材班であり、
情報がお金になるという価値を知っている人ですね。

当たり前ですが自分の足で稼いだ情報を無料で公開するほどお人よしでもありません。
note で売るかもしれませんが(笑)

まあそういうわけで、漁協の組合員=漁師、となったわけですよ。
面白いのは、組合員になったら、組合員の心得、みたいな冊子があって
あなたの権利はこの河川のここからここまで、魚種はXXX、みたいな
資料が配られると思うでしょう?
そういうのゼロなんですから(笑)
そもそもHPもないんですよね。面白いな。
このデータ見るしかないのです。
b6d4e0918a8fd13b88dbec85dab9c998


読み解く力が試される、いや、正しくは仲間の漁師に教えてもらう、かな。
コミュニケーション力が試されますね。
陰キャでは無理です。

本来なら今年はいろんな行事を体験できるはずでしたが、
新型コロナウイルスの件で、ほとんど全部の行事が中止らしい。
うーん、従来の姿が見えないのはちょっと残念ですね。
でも、コツコツ目標に向かって進みます。

おそらくこのコロナウイルス騒動で、屋形船とか廃業するとか出てきたり
すると思うので事業譲渡の可能性だってある。

偶然にも来月には前澤ファンドに応募した事業のために
衛生食品責任者の資格も取るので、あれ?一人で屋形船できるんじゃね?
という偶然を期待したい。
どうなるかわからないけどね。

点と点をつなぐと線になり、線と線を繋ぐと面になり、面と面をつなぐとようやく形となる。

という誰かの言葉が好きです。
いきなり形は出来ないのですが、いきなり形を作ろうとする人が多い。
コツコツの積み重ねですよ。なんでも。

ということで、漁師になった話でした。
もちろん会社は辞めないで、土日祝に漁師としての活動をやります。
1年間やってみて、どんなもんか?ということを経験していきます。

楽しみですね。どんどん挑戦していきたいと思います。
そして将来的には釣り船屋さんを中心としてやりたいところです。
普通の釣り船屋さんではないので、きっと面白いことになると思います。
出来れば、の話ですけどね。


じゃあまた!漁師!猟師じゃない!量子でもない!