全世界のファンの皆様こんにちは
今年初釣りはハプニングだらけ

去年の11月くらいからほぼ半年ぶりに釣りに行く機会が
ようやくできました。
そもそも3月から毎週土曜日に釣りの計画を立てるけど
荒天中止が4週連続とかで続いていたのです。

東京湾の沖釣りですが、大型の乗り合い船ではなく、
キャビンもないプレジャーボートですので
いわゆる3密になりません。
とかいろいろ書く手間はどうなんだろうな?とは思う。

外出禁止要請だから釣りに行くのはいけないんじゃないか?
という考え方もあるんですが、そもそもの目的は
濃厚接触を避けるためですので、外出しても濃厚接触をしなければいい。
いわゆる本質を見失って言葉狩りをする一定のB、C層がいるのは
想定内なので、いちいち、断りを入れて書いてみたいと思います。
いかに窮屈な文章になるのか、そのくらい察しろというレベルまで
注意書きをこれでもか、という感じで(笑)

ほぼ半年ぶりの釣行ですので、いろんな運が貯まっていて
それが解放されたかのような釣行でした。

まずは土曜日の朝5時に集合。
2人はバイク、一人は自転車、一人は三輪原付、と
公共機関を使わないで、4人が、現地集合です。
ソーシャルディスタンスが取れていますね!
車で一緒に、とか、電車で、とか、3密になる条件にはならない方法で集合です。

が、船長の三輪バイクにトラブル発生で出航が遅れるハプニング。
出航準備は私でもできるので、船の出航準備を行っていました。
勝手知ったる他人の船、ということですね。
出航準備の間に、他の2人はタックル準備を行いましたので
船長が到着すると、1分で出航!

一路、カサゴポイントに向かいます。
途中から私が操船し、船長がタックル準備。
カサゴポイントではポツポツ釣れました。
今年初ゲットは12cmくらいのカサゴ、もちろんリリースです。
エサはサバの切り身。

前日にスーパーに行って買って帰ろうと思ったら、売ってないので
しょうがないので冷凍の文化干しとかいうノルウェー産のもの。
これを使って包丁で短冊に切ったもの。

カサゴタックルは固めのカワハギロッドMHでした。
カサゴはヒットした瞬間根に潜るので、バットパワーで根から引きはがさないといけないのです。
ハリスは3号以上、針は丸セイゴ13-15号。おもりは15-30号。リール小型ベイトリール。ラインはPE2号くらいかな?
いつも0.8号なんですが、根がかりしたときに、メインラインとリーダーは残ってほしいので
太目にタックルをセッテイングしています。リーダーは7号フロロ。

カサゴはいれば食べるので、簡単な釣りですね。
当たった瞬間にフッキングしてバットパワーで引きはがす、を意識しないと根に潜られます。
大型ほど根に潜る力が強いので、タックルバランスが悪いと、釣りあげるのは小型のみ、ということになります。
単純なカサゴ釣りでも、ちょっとしたTIPSがあるものです。

またこの時期の東京湾には赤クラゲが発生しています。
リグやエサに触手が残っていると喰わないので
こまめに取りましょう。
刺されると30分くらい指がじんじん痛いです。

さらに釣り上げた魚に触手がついていると、魚が刺されて死んでしまします。
そういう時はリリースしても鳥に食べられるので、キープするしかないのかなーと思います。
復活させる方法を知っていたら教えてください。
そもそも復活するのかな。

さて、カサゴ全員ヒットで、次が本命のマゴチルアーです。
富津沖までバビューンと飛ばします。

乗り合い船も確認できるエリアですが、それを外して
ポイントチェックです。
今年初マゴチですので楽しみではあります。
初のルアーマゴチ。

噂には聞いているけど、どんな釣り方がいいかわからない、、、
用意したのは8ftシーバスロッド、3000番台スピニング。ラインは1.5号程度。
中華表記の0.4号なので、まあ1.5号前後の太さがあります。
何回も言っていると思いますが中華のラインの表記と、国産のラインの表記はまったく別ものなので
同じ0.4号表記でも太さはまったく違います。
リーダー16lb、ジグヘッド28g、いや、30gだったかな?
ルアーはバクダングラブという適当な仕掛けです。

これで遠投して、ボトムのリフト&フォールをやったりずるびきやったりするんですが、
これが全く40歳無職、、、、、いや、バイトもない。

同乗の方が、JAFカードを見せると天丼50円引き、の釣りをやっていて、バイトはある。のらないけど
なので
ルアーだけをエサに交換して、実験です。
すると確かにバイトはある。
乗らないけど、、、
すると、同乗の方ヒット!!!

おお!グイングイン引く。本命か!いいな!
マゴチか?いや、ヒラメ?、お腹白いぞ!来たか??、、、、、、カスザメでした、、、、
しかし、その釣り方がいけるのか、、、もうサイマキとか活きエサいらなくないか?

ということで、私も同じやり方で挑戦。
ずる引き、リフト&フォール、試してみると、、、
ゴンゴン!!アタリだ!
バットパワーを使って思いっきりフッキング。
マゴチなら上あごは固いのだ。
DSC_0478

すると水面に見えたのは、、、本命のマゴチ!!
ネットですくって、ナイスキャッチ。
その時、悲劇が!
ジグヘッドの釣りだと思い込んでいたので、孫針の存在に気が付かず
針が手のひらにフッキング!
ああ!
すぐに抜こうとしたけど、全然取れない。
みなさんに抜いてもらうことに。
しかもケン付きなので、貫通させて、抜くが出来ない。
なので、返しを折って、抜きました。
病院行きにならなくて良かった。
針はやっぱりバーブレスがいいですね。
2020-04-12-13-32-39-953

ジグヘッドは中華のいいかげんな30gくらいので、針は50年くらい前の中古針。
それでもちゃんと使えるのでいいね。

左手が微妙に曲がっているのはダメージを受けたためです。

さらに、ワームの釣りも試してみました。またもらいものリグです。
ゲーリーのワーム。あ、上記の写真に出ているタイプです。マーメイドかな。
これも、試すと、、バイトはある。あげてみると、ボロボロにされている。
なんと、フグの歯形がくっきり、いっぱい。
ゲーリーのワームでもフグは食う。
きっとフグのカットウでもワームエサでいいのでは?と思うくらいです(笑)
ショウサイフグしか釣れないと思うけどね。

またしても、リフト&フォールさせていると、ゴンゴン!とバイト。
フッキングガツン!と決めて、マゴチ2本目ゲット!やりました。
本命2本目。

ここで、ポイント移動、、、、が、エンジンがかからない。
セルがうんともすんとも言わなくなった。
え?10分前にはふつうにセル回ってエンジンかかっていたのに。
船長がいろいろ調べるけどわからない。
もうBAN(海のJAFみたいなの)に電話してえい航かな?ということで、
私がチェックしてみることに。

まず、セルスイッチ入れて、電圧が下がるか?と見たけど電圧変わらず。
これで、セルに電気が流れてきているというはない。
じゃあ配線かな?てキャビンからキーの裏側とか
船外機のカバー外してチェックとかするんだけど異常がない。
セルのプラス配線はわかったので、
バッテリーから直接この配線に電気流すと、きっとセルの生死はわかると思うけど配線するものがない。
うーん、ということで、同乗の方がググって調べてみたところニュートラルスイッチの不良の場合に
まったく同じ現象が起きるという。
確かに、ニュートラル以外のレバーポジションの場所ではセルは回らない。
この位置判定スイッチが不良の場合にセルがいきなりまわらないという。
これがセルの下にある、っていうんだけど、見つからない。
ヒューズとかも正常。

こりゃ、フライホイールカバーあけて、ひもでエンジンかけるかな?
えい航先は木更津マリーナ?いや、対岸のマリーナじゃないか?金谷港は閉鎖中のはず
とか、暗いムードが漂う。
じゃあ、最後に、逆手順で調べてみるわ、、、ということで
セルを回しながら、レバーポジションを動かすと、、、キュルル!
おお!!かかった!!
そうです、レバーのニュートラルポジションがずれていたのでした。
これはわかりにくい。ニュートラル検出スイッチがレバーにあるタイプなんだね。

ということで、セルがキュルルっと回ってエンジンがかかった瞬間
船内でどよめきが。
うわー、かっこいい、さすがですね!と褒められる。船内が一転明るい雰囲気に!
もう、えい航されて変な電車に乗って帰路につくしかないのか、、とか思ったらしい。
まあまあそこはシステムエンジニアですから。
技術者ですからね。原因を1つづつつぶしていけばどこかで原因にぶちあたるし
それを解消してやればいい。
だてに自分でバスボートの整備とかしてなかったのだよ。

ということで、そこからポイントを転々とするも、ノーバイト。
マゴチは終了。
帰りに、再びカサゴポイントでカサゴ追加して帰路に。
最後にタコのロマンを求めて餌木投入したけど、タコは反応なし。

ということで、ダントツの竿頭で終了しました。
いやー、楽しかったですね。
半年ぶりに釣りですから。
同船した方、またよろしくお願いします。

ガソリン代割り勘で終了です。樋口一葉。

凪だと富津沖まで行けるんですね。
次回は猿島沖で太刀魚とかやりましょう!
いや、またマゴチがいいかもしれませんね。
アジとかでもいいな。

晩御飯の仕込みをして寝ました。
さて、翌日の夕食は、、、

カサゴは刺身と煮つけとから揚げ
マゴチは刺身と天ぷら
と豪華な夕食に。
2020-04-12-18-27-27-887

たまにはいいですね。
三密を避けて釣りに出かけましょう。

針はバーブレスが安全でいいですよ(笑)
しかし、刺さった瞬間はアドレナリンが出て、全然痛くないですね。
あとで痛くなるので、アドレナリンが切れないように、ずっと叫んでました。
そういう映画あったな、なんとかサムのアドレナリンっていう映画。

ということで、今年初の釣りは、いろんなことがありすぎて、楽しかったです。
じゃあまた!来週はアジ?マゴチ?タコ?カサゴ?太刀魚?
ルアーはこれ↓