全世界のファンの皆様こんにちは
さて、カサゴ漁の季節となりました。

いや、カサゴ漁くらい釣れたのです。
本日は小型ボートで東京湾を釣る!です。
ターゲットは、カサゴ、タコ、キス、マゴチ、イナダ情報もあり、だけど
マゴチは遠いのでカサゴ、タコ、キス、イナダかな。
おかず丸船長と2人の漁師コンビで最強です!

これだけターゲットがバラバラだと、タックルバランスが難しい。
カサゴにはやや硬い目のロッドが必要。
ヒットした瞬間に根に潜られないように
バットパワーで根から引きはがします。
本来ならベイトロッドなんですが、スピニングにしたい。

タコ、まだ釣ったことないので、タックルバランスわからない。
ごっついロッド持っていく。

キスはやわらかめのロッド

イナダは長く硬いの。って考えると
バラバラで、、、

結局、6.6ft 固めスピニング、
8ftやわらかめスピニング
6ftごっついスピニングの
3本でした。これで全部カバーできるはず。


6時半出船。ポイントは内木丸と同じでした。
底に根があるポイントです。
カサゴ釣りの仕掛けは道糸PE2号、リーダーフロロ7号、ハリス3-5号、針12-13号という
結構ごつめの仕掛け。
おもりは15号でしたが、軽めですね。25-35号の方がいいと思います。

最初は、おもりとハリスは直付けにしてましたが、あとで天秤を使いました。
根が多いポイントで天秤を使うのはあまりよくないと思いますよね。
でも、ちょっとした工夫で、ロストしないように出来るんですよね。

針は中国から輸入した適当な糸付き針とか、激安の道楽箱の投げ売りとか
ロストすることを前提にしております。
針が適当だと、フッキングしないこともあるので、より強いフッキング動作が求められます(笑)

エサはサバの切り身。適当に5mm幅くらいで切ります。
エサが大きいと魚のサイズは上がり、小さいと小型のカサゴが増えます。
潮の色は濁っていて、流れもあり、最高のコンディションでした。

この辺で、釣り方とか解説する絵とか入れるといいんですけど、
そこまでパワーないので、全部文章で書きますね。

カサゴの仕掛けを考えるときに一番大事なのは
ボトルネックをどこに設定するのか?ですね。
根を釣る時に必ず考えないといけないのは
根がかりしたら、どこで切れるか?を考えないといけません。
そのために捨て糸だったり、ハリスのノットだったり、で
意図的に弱いところを作るわけです。

今回はハリス2号の場合はそのままに、ハリス3号の場合はハリスをいったん結ぶとかしてます。
弱い箇所を作るのですね。
釣りの教科書とかWEB見ても、強いノットとか、ありますが
弱いノットも必要な場合があるので、これもまた勉強ですね。
勝手にボトルネット理論と呼んでますが、、、

という、仕掛けになっていると思ってください。
雑誌の記事なんかみても、どうしてその仕掛けにしたのか?という
前提条件の話がばっさりカットされていたりするので。
さて、天秤を使った釣り方です。

普通に売っているオモリを入れるところがスプリングになっている天秤を
使います。ここに、15号のオモリを入れてハリスは30-40cmくらい
エサはサバの切り身を2か所針で刺して、底まで落とします。
チョンがけでもいいですが、エサが針から外れることが何回かあったので、2回は必要かな、、、

根におもりが着いたら、すぐに5cm-10cm上げて、根にオモリがひっかからないようにします。
しばらく待つとエサがふわっと落ちて根の上に、そして少し根より沈む。
5秒待って、おもりをハリス分上げる。
オモリを再び、根まで落として、5-10cm上げて、3秒待つ。
この繰り返しです。
瀬渡とかいう方法だっけな??忘れたけど。

決しておもりを根をより下にしないこと、これでオモリが根に食われないで済みます。
で、カサゴは落ちてくるエサに強く反応しますので
フォールの時間を最大限取る、ということです。

カサゴのバイトは様々ですが、大型ほど、アタリが小さいです。
そして、フッキングした際に、根に戻ろうとするので、力強い引きで
ファイトを楽しめます。
IMG_20200520_132713

本日最大のカサゴ

ロックフィッシュをルアーでという方法の勉強にもなるので
まずはエサ釣りで概念を覚えるといいと思います。
面白いのは、カサゴは生息分布がこの場所は大型が多い、ここは小型が多い、という
ほんの少しの距離で違うところです。
その距離5-10m。たったそれだけで、大きさの違う群れの分布になっているので
面白いですね。

パターンにハメると面白いように釣れました。
魚探の反応もイワシの群れが移っているので、きっとこのベイトに気が付いたカサゴの
やる気が上がってきたのでしょう。
っていうか、この時期にもうイワシの群れが東京湾に入っているの??
早すぎないか??
だからイナダがつれたりするんだろうな、、、
もういろんな季節が早まった感があります、
というか、今年は東京湾に冬が来なかったのではないでしょうか?
そんな気がしますね。

11時までに50は釣った気がします。多すぎて数えてない。
が、小型はリリース、半数以上かな?これだけ、小型が多いと、数年後の大型が大漁!という
期待をしたいと思います。
基本的に、東京湾ではカサゴの放流をしているので資源が枯渇することはないです。
大きくなったらまたおいで!

タコは何回か餌木投げたけど、釣れるイメージ全然ない。
2ロスト、1ブロークン。
ブロークンってなんだよ!って、餌木が壊れました。

そこからキスタイム。
8ftの無駄に長いイナダ兼用ロッドで。
道糸0.8号、おもり15号。天秤に東京湾仕掛けの2本バリ。
針7号、ハリス1号という標準的な感じですね。

周りにキスを狙った釣り船が出ていました。
アオイソメを自動販売機で前日の夜に買いに行きました。
浦安の吉野家の近くの自動販売機は自販機はあるけど、稼働してない。
上州屋江戸川店で500円で購入。
帰りに浦安の、あそこなんて名前だっけ、忘れたけど
行徳駅から356に向かう左側の釣具屋さんにも自動販売機あった。
昔は、江戸川南の上州屋に自動販売機あって助かったのだけどね。
まあ最悪、24時間の江東区の上州屋行けば売っているかな。
という、エサを探して3店舗、ということをやっておりました。

なかなか時系列バラバラだな!まあいいや、徒然なるままに書いていこう。
本日のキスはまだ時期が早いのかアタリは少ないけど
大きく当たるのと、サイズが大きい。
いわゆるピンギスがいないし、メゴチ、ヒイラギの外道いない。
遊漁船の放送で、「誘ってアクションすると食ってくると思うよ」という方法が聞こえたので
ずる引きではなく、2回しゃくってステイ、をやっていた。
すると明確なバイトが出る。

で、飲まれる。7号だから?と思うけど、まあ針かかりしないよりいいので
それで通す、魚は全体に薄い感じ。
固まってはいないですね。
活性はめっちゃ高いのに魚が薄いのと食いが立っている感じ。
1匹が2本のエサを食う、なんていうの?ダブルフックが何回かあった。
これアタリ取れないのかな?
まあルアーロッドだし、、、

軽いキス専用ロッドだったら良かったかも。
後半は2本竿でやってみた。
1本は手前、もう1本は遠投、で、2か所のキスを狙うわけだ。
仕掛けは同じ2本バリ仕掛け。アオイソメをエサにするんだけど
アタリがあって乗らないことが結構な頻度であったので
きっとエサの付けかたが悪い。

ぬるぬるするから粉とかあるといいかもね。
最初から切るのもありかも。
まあ適当にやっても釣れることは釣れるけど
時速5-10匹程度。2本竿で、なんとかその倍いけるかな?って感じで。
季節はもう少しな感じです。
IMG_20200520_132611
IMG_20200520_132616

外道にイシモチ、アジ、パックンチョ。

キスは20-30匹で終了。
1589949031692

船長も好調でカサゴ2人で束以上、近所に配ったようですね。
いいと思います。


最後に帰り道に鳥山にルアー投げ込んだけど反応なし。
魚探にはびっしりイワシの反応。
空から見えるんだね。旋回しているだけで水中には突っ込んでないけど。
何かいるかと思ったけど、ボイル起きているわけではないので反応なし。
そんな感じで終了です。
DSC_0555

イワシの大群やらカサゴの豊漁やら、キス季節まで早い、とか
いろいろフィールドでは勉強になりましたとさ。
ガソリン代割り勘で樋口一葉。
DSC_0554


翌日の夜は料理が大変です。
仕込みは0時までかかった、、、、

2020-05-18-18-12-01-341

キス、カサゴ、アジの刺身盛り合わせ
キス天ぷら、骨せんべい
カサゴの煮つけ
イシモチの一夜干し
と、
キスの刺身は25cm以上の大きいものにしましょう。
去年かな?大きいキスまでキス天にしたら、骨が残っていまいちだったので
大型は天ぷらより刺身です。
めったに食べられないキスの刺身。

大漁のカサゴはフライにしてお弁当のおかずにしたいと思います。

こんな風に、道具が!ツールが!っていうメーカーの宣伝じゃなく
テクニックや考え方を中心に書いていきますね。

メーカーのXXXXしか釣れない、とか、XXXXだから釣れた、という
宣伝ばっかりじゃしょうがないでしょ?
使った道具は下にアフィ貼っておきます。
同じもの使えば、同じような釣果に、、、、ならない、ことを確認してね!
本当、道具じゃないから!

じゃあまた!たくさん釣れると楽しい!キス楽しい!カサゴ楽しい!
使った道具↓