全世界のファンの皆様こんにちは
うーん、楽しくない釣りだなぁ、、、

さて、過去10回くらいキハダに挑戦しているのですが、
1回もヒットすら至りません。
今回はヒットするのかな??
せめて1ヒット。
今シーズンのために、速乾シャツをキハダ柄にしてみました。
中華製で1700円くらい。
20200620_163147


コマセだったりキャスティングだったりと。
あとはライブベイトとエビングくらいしか残ってない感じ。

うーん、もう辞めようかな。

ということで、行ってきました。
日曜日にキハダ狙いです。
2:00起床、2:20出発。3:30到着:4:00準備。
20200621_044200
20200621_062545
20200621_065809


4:30出発、大島到着7:30くらい。片道3時間くらいかかっている。
相模湾内にはまだキハダもカツオも入って来ていません。
大島付近にちょっとだけいる感じ。

これを狙うみたいです。
が、いかんせん魚影が薄い感じ。
鳥山も少なく、跳ねもない。
まあ6月後半だし、季節的には早すぎる感じ。
フィーバーになってからでいいなーと思いました。

いや、季節早いのも意味がある。
ルアーを見慣れてないキハダは食いやすい環境だということです。
なので、早い時期のキハダも意味があるで。

まあクルーズですよ。

用意したロッドは4本、ガチガチで
エビング用、ふかせ用、ブリジギング用、キャスティングでグリップ短い
とまともなキャスティングロッドがないので
1本欲しいところではありますが
だんだん情熱が下がるというか、あきらめ感が増してきて
せめて1ヒットしてラインブレークでもして、強烈な引きを体験できれば
まだ続けられる情熱が沸いてくるんですけどね。
道楽の極みみたいな釣りが楽しくないのであります。
せめてカツオ、シイラくらい毎回釣れるといいんだけど。

まあそれがキハダ釣りなんだ、ということならば、
辞めたほうが正しい選択なのではないか、と思います。

ランカーくじ状態なら、まだ、あたりの入っている袋に手を突っ込んでいるか?
が、わかるのですが、
今回はそもそもあたりが入っていない袋に手を突っ込んでいる感じなので、、、
絶対に当たらないくじは屋台のくじだけで十分です。

結局1ボイルみただけ。終了。帰り道3時間。
実釣2時間あったかどうか、、、

イワシのふかせ釣りは5ヒットで、0本だそうで
ルアーも10艇以上いたけど、0ヒット。
まあダメな日に当たった。
個人的には船宿の居る居る詐欺だと思ってます。

コロナで厳しいと思うけど居る居る詐欺はね、、、
ゲット情報見てから、行きたいところです。
が!それから予約では予約が取れないので、先に予約しないといけない。
難しいなあと。多分相性悪いんでしょう。

船内5人でシイラ1、鳥1
という、、いや鳥って、、、
お値段双子の諭吉。うーん。うーん。
一応来月も行きますが、それで最後にしたいと思います。

可能性があるとすればふかせ釣りですかね。
イワシ餌のふかせ釣り。
これなら、外道も釣れそうです。

オキアミはカツオを狙う船ならいいかもしれません。
外道でキハダ。
キハダ専用船に乗ったことがあるんですが、カツオが釣れていても
キハダじゃないと移動なので、同じ群れの下にいるんじゃないのかい!
という思い出しかないので、乗り気にならない。
なんというか、釣れるイメージがわかない。

まあマイナスイメージしかないのだけど
一番のマイナスイメージは、船宿が遠い。
平塚なんか1時間半かかる。
すると葉山、長井あたりが一番近いのだけれど
いいイメージの船宿が少ない(笑)

なので、気合を入れて絶対1本釣ってやるぞー!というより、
まあたまには、相模湾に浮かぶのも悪くないよね?程度で
いいかなーと思います。

まあまあネガティブなことしかないんですけど
1つはキハダの釣り道具って他に転用が効かないので。
コマセマグロは、巨大な電動リールって、深海釣りくらいにしか使えない。
いや、PE8号300m巻いてたら、深海釣りには糸が短い。
マグロロッドはガチガチすぎて、巨大なブリとかサメとか狙うような釣りをそもそもしない。
って考えると、専用タックルにいくらかかるの?
ステラ14000って他に何釣りに使えるの?

それで毎回何か釣れるの?って考えたら
上級者向けだなっと。俺みたいな初心者にはハードルが高い。

バス釣りみたいにハマらないのはなんでだろうなって
思ったのですが。
実は私もバス釣りは何度か釣りに行ってまったく、ノーヒットで
もう面白くないなぁ。これで最後にしようと思って
最高の条件でやってダメならあきらめよう。
そう思って、今でも忘れない、北浦のドッグに有給取って平日の早朝に行き
エコギアのにおい付き、味付きのストレートワームのスプリットショットで
2匹釣れたのが、良い経験になってそれからますますハマったのです。

なので、せめてキハダは1ヒットしてくれればもう少し頑張ろうと思いますが
今では単なる養分なのでやるだけ無駄、そんな感じがしています。
気軽に出来る釣りとしての紹介されている記事を見ても何も感じなくなりましたし
むしろ憎悪が沸きます(笑)

基本的に釣れなかったときの日記はこんな風に憎悪が満ち溢れているので
有名人みたいに「こんな日もあります。自然相手なので」みたいなお気楽な日記は
書けない。そりゃ有名人なら年間300日くらい釣りして1日ダメならしょうがない。
全体の0.3%だから次があるさ、みたいな書き方出来るだろうよ。
しかし、一般人は月に1回、キハダのコマセとかなら8,9,10くらいの3か月くらいしか
ないし、月1回なら3回しかチャンスはない。
その1回の釣りが残念、また明日。とはならない理由もわかるだろう。

基本、船宿から出るのは月1回くらいなので、「残念また明日」は許されないと思っています。
しかも高い!!
今回は通常の船宿の倍のコスト払っているので、確率2倍にならないと合わない(笑)
だから憎悪に満ち溢れた日記になるんだな。
フルネガティブな感じになりました。

まあこういうこともあります。人間なので。
ただ、ちょっとプラス思考の話も少しだけ。

今回新しい釣り方も少し試したのですが
作ったものが軽すぎた。8号(30g)の錘が浮く浮きでは
軽すぎた。
倍の20号とか30号の錘で浮く浮きを作らないとダメかも。

そして、水面しか狙えない。
うーん、来月は、沖縄の漁師方式をちょっとやってみようと思う。
300gのメタルジグにビニール袋と輪ゴム、という方式で。
水面しか狙えないのではなく、もっと棚を直撃する方法で。

それとライブベイトに勝機を感じたので
XXXXをやろうと思います。
キャスティングライブベイトと言うべきかな。
まあこのあたりを試行錯誤するまで続けられるかわからないけど
来月までに試作品は持って行こう。
そして、アクティブエイガードfor TUNAバージョンのプロトタイプを
実験したいところです。
船内でヒットが1回もないんじゃ試せませんが。

じゃあまた!キハダ嫌い!カツオ好き!シイラも好き!釣れる魚が好き!