クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。業界初の電気式エイガード、アクティブエイガードシリーズを販売しています。 販売先は以下 https://auctions.yahoo.co.jp/seller/funahashi_y

    FISHING

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    さて、D社といえばバイブレーションを買っていたりしたんですが
    ミノーを発見したので買ってみました。

    ミノーモンスターシリーズで
    大きさは9cm、11cm、13cmでシンキングとフローティングがあります。
    カラーはまだ5色程度ですが、定番のレッドヘッドやイワシカラーもあります。
    買ったのはシンキングモデルです。
    一気に6本も買ってしまい、お札が飛んでいきました。

    ミノーモンスターシリーズミノーモンスターシリーズ


    いよいよD社が本腰を入れた感があります。
    いや、担当が好きなだけだろう、って気もしますが。
    前からD社には注目していて、エギとかもいろんな種類出していますよね?
    竿とかリールもありますが、買うことはないかな、、、、
    リールはシマノ派なのです。

    さて、さっそくインプレ、と行きたいが、雨が降ったのでおやすみです。
    ちなみにフローティングは1g軽いだけですので、
    どんな調整しているのか、、とちょっと気になります。
    本当に浮くのか?いや、このシンキングはスローシンキングなんじゃないか?と疑問に思ったりします。

    おそらくあまりメディアには登場しない、D社のサポート受けている人でもこのミノーのことは知らないはずです。
    そもそもD社のサポート受けている人がいるか疑問ですが、、、

    ん?
    だんだん話がわからなくなってきましたね?
    混乱してます?

    じゃあ、パッケージの側面でも。



    D社D社


    ウソは一切書いておりません(笑)
    #という事実がわかったところで、最初から読む。105円でルアーは十分利益が出るようです。(笑)

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ロッドは消耗品、リールは耐久消費材と思っていたのですが
    リールも修理できないところが壊れると、ゴミになってしまう
    ことがわかってきました。
    リールは修理さえ出来れば、末永く使用できるという信念のもとに
    やってきましたが
    買ったのが最近モデルにも関わらず、修理できない、
    いや、買ったほうが安い、ということになってしまいました。

    もともとは実験用に買ったリールなので、どうでもいいんですが
    修理できない部分が壊れると、捨てるしかないのか、、、

    ロッドはティップが折れたら、短いバランスの崩れたロッドとして
    なんとか使用できますが、、、

    リールは巻けないと、リールの意味をなしません。
    壊れたのはアルファタックルのWILDISH3000で
    2000円ちょっとで買ったと思いました。
    某メソッドが有効かどうか、干潟で実験するために買いました。
    その実験中にもベールが抜けるなどして、品質の面では
    はてなマークな製品でしたが、
    久しぶりに使おうと思うと、リールが動かない。
    海水には向いてないのかなー
    おそらくベアリングが錆びたんだろうと、分解を始めました。

    リールのベアリングは1個200-300円で買えますから
    別にベアリング専門店でなくても大きささえ同じならなんでもOKなのです。
    手持ちのリールのブッシュをベアリングに交換するとよく回るようになりますよ!
    そのベアリングを交換すれば、また使えるようになるだろうと
    分解をしました。

    案の定、2-3つ、ベアリングが錆で固着しておりました。
    が、そのベアリングとは関係ない部分で、動きません。
    どうも、逆転防止装置のインフィニティストッパの部分です。
    ここもベアリングのような構造ですが、、分解できません。
    なぜか、ベアリングのコロが錆びて、動かないようです。
    無理矢理プラスチックのカバーを取ると、
    錆びたコロと、何か折れた金属片が混入して出てきました。
    どうやら、錆びたコロと折れた金属片がインフィニティストッパを
    止めていたようです。
    原因はわかりました。

    SH3E0193.JPGWILDISH3000

    インフィニティストッパのコロと金属片が原因。
    が、この金属片はDAIWAの安いリールでも折れたことあるんですが
    これがないと逆転してしまいます。
    また、プラスチックのカバーが変形して、元に戻せません。
    ここが汎用なベアリングならば交換して終わりなんですが、
    残念ながら、これにてご臨終ということになってしまいました。

    安いリールはそれなりってことですかね、、、
    逆にシマノ等のリールは部品単位で取り寄せが出来るので
    部品供給がある限り、使い続けることが出来ますね。
    さすがに95ステラの部品はもうないんだけどさ。

    ということで、新しいリールでも案外早く寿命が来るって話でした。
    ああ、高級リールをお使いの皆様にはあまり関係がない話ですね。
    私は結構、安リールを試していますよー。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    安PEライン評論家のふなです。(笑)

    安PEラインの定義は100m2000円以内のPEラインのことをいいます。
    今のところシマノのパワープロしか使い物にならないということで、好んでパワープロを使っていました。
    そこに強力なライバル登場。
    ラパラのラピノヴァ・エックス マルチゲームです。
    なんと4本撚りです。
    パワープロは1号以下のラインは3本撚りなので、
    1.2号でも4本撚りというのは脅威ですね。

    ということで、徹底的に比較してみることにしました。

    パワープロVSラピノバXパワープロVSラピノバX
    同じステラ3000に巻く同じステラ3000に巻く

    以前の記事でラパラの紹介をしました。

    下巻きのナイロンラインの色は違いますが(笑)
    同じ条件で巻いてみました。
    あとは使い勝手を比べたいと思います。

    テストした日が強風だったため、短時間で十分なテスト出来てないので
    もう少し時間をかけて調べたいと思うんですが、
    いやー、どっちも特徴のあるラインであることがわかりました。

    例えばしなやかさはラパラの勝ちですね。
    飛距離が良いように感じます。
    張りはバークレーのパワーエキストラに似ていますが
    トラブルが少ない!
    張りはパワープロの方が強いです。
    パワープロは表面をテフロン加工しているのか
    リーダーにFGノット結ぶときにすべるのですが、
    ラパラのはすべりません。
    使いやすいです。

    いやー、今度からラインはラパラ製になってしまうかも、、、
    個人的にはもう少し張りがあるほうが好きです。

    PEラインのトラブルになったとき
    パワープロはまず、くしゃくしゃになったPEを引っ張ってほどくとまず、間違いなく切れます。
    いわゆる、強いがもろい、ラインです。

    ラパラのはひっぱっても切れることなく解けました。
    しなかやさが優秀なだけありますね。

    しばらくはラパラのラインも使って徹底比較してみようと思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    スポニチに掲載されました。

    http://www.sponichi.co.jp/society/yomimono/fishing_news/201102/kiji/K20110203000176710.html

    この様子が釣りビジョンでも放送中です。

    つりぽーで教えていただきまして、さっそくチェックした結果です。

    どうやら2月3日のスポニチに掲載されたようです。

    スポニチスポニチ
    俺

    その新聞が釣りビジョンで放送され、fimo のつりぽーより
    私が知ることになりました。ありがとうございます!>ヒロさん

    まあ、相変わらず 舟橋が船橋に なっていますが、、
    しょうがないのー!

    ということですが、やっぱりアシストフックについては
    否定的な意見でしたね。

    >最近はフロント部に段差のアシストフックを付け、フック総数が
    >5~7本にもなるように細工をする釣り人も見かける。
    >シーバスは餌を見つけるとエラを広げ、吸い込んで食べるから
    >理にはかなっているが

    その通り、理ににかなった釣りをしているのです。
    格好をつけて釣れないより100倍まし、なのです。

    楽しむ釣りならそれもありでしょう。しかしトーナメンター出身の私に
    とって、ショートバイト対策をしないでアタリがあるだけの釣りをするというのは考えられません。

    バスの場合、冬の釣りは1日1バイトとかいう世界です。
    その1バイトをアタリだけで終わるのか、1匹釣り上げるのか?
    というのは雲泥の差があるのです。
    私は冬にはラバージグにさえ、トレーラーフックをつけていました。

    それが功を奏して70cmを筆頭に25匹「も」釣った人、という
    紹介をされているわけです。
    アシストフック否定するならその人の釣果は紹介しちゃダメでしょうと。
    この編がメディアのいいところ取りをする姿勢が現れていてちょっとやですね。
    まあいいんだけど、結果の数字を残したければたとえ鯉の吸い込みと言われても貫く姿勢が大事かな。
    俺は絶対やめないけど。

    ということで、私が紹介されていた気になる釣りビジョンですが

    つりステーション第245回 です。イサキの次!
    次回放送は
    2/14 17:00-
    2/15 11:00-

    です。
    スポニチは2月3日号らしい、どうやってバックナンバー買うのだ??
    図書館で調べます!
    コピー親に送るか(笑)



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    おかっぱりでは釣れないってことはオフショアだろ!ということで
    ジギングに行ってきました。

    お世話になったのは渡辺釣り船さんです。
    24日は月曜日、お客さんは私を入れて4人でした。
    ミヨシは取れなかったですが、4人ならどこも同じですかね。
    シーバスAM船で6800円です。

    渡辺さんなのでオーシャンドミナーター
    オーシャンドミナーターなので渡辺さん、ということで
    ジグはオーシャンドミナーターがメインです。

    隣の方が、明日パーティのために魚を20-30匹持って帰りたい
    ということでしたので、オールキープということにしました。

    7:00出発、各地でポツポツ釣れるのですが、なかなか大きいのも
    数も釣れません。

    9:30ごろに長崎屋さんの船がよくシーバスを上げている横につけました。
    目の前でバコバコ上げています。

    負けじとこちらも、頑張る。
    すると、フィーバータイムか、入れ食いタイムに!
    40cm前後が多いですが、たまに50cm。まぐれで60UP
    今年初シーバスはジギングでした。

    竿は相変わらずバスロッド6.6ftMLとMアクション。
    リールはベイトでPE1号、リーダーは20-30LB。
    ジグは60g-80g。浅いところは60gで、深いところは80gで。
    専用ロッドは買う余裕がありません。バスロッドで十分。

    フォーリング中のアタリを取れるかどうかで勝負が決まります。
    水深は20-30m。フォール中にコン!とか来るのです。
    バイトは40くらい15バレ、25本くらい釣れました。
    最大70cmということになっていますが(笑)

    4人の中ではもちろん竿頭、となりのおじさんに全部魚をあげ
    写真だけ撮りました。
    60gのジグに22cmのメバルがヒットしたのは笑いましたけど。

    50UP50UP
    50UP50UP
    60UP60UP
    船長さんはメジャーをあて「よっしゃ70cm!」と言っていたので
    発表される数字は70cmということになります。(笑)

    船宿の数字のマジックですですね。あんなものは信じてはいけないということがわかりました。

    メバル22cmメバル22cm

    シーバスシーバス
    となりのおじさんにあげたシーバス。
    まあ全部です。
    盛大なパーティが出来るといいですね。

    あじさんは午後も釣る!と言っておりました。

    上陸するとスポニチの記者さんがいて、
    なんか聞かれたり、写真を撮られたりしました。
    木曜日発売だそうです。
    見たいぞ!俺の雄姿(笑)

    ちなみに、コツは?と聞かれて
    「ショートバイトが多かったので、アシストフックが有効ですかね」
    と答えたら、
    「JGFAルールだと載せられないからなー」と言っており
    「ショートバイトのためにアシストフックが有効」という一文はカット
    されていることでしょう。
    ついでに写真はサングラスがダメだそうです。なんだかなー。

    俺

    http://sea.ap.teacup.com/watanabe/2037.html
    渡辺のHPに登場。
    fimo のサンバイザーが良く見えん。くそー!
    データが俺じゃない、ちくしょー!

    カメラも回したのですが、
    位置が悪く手しか映ってない。
    しかも49分回しっぱなしでした。
    http://ftvjapan.ddo.jp/2011/0124/20110124.wmv
    こんな感じ、全然あきません。


    自分用のメモ
    PEPETはもう寿命、巻きかえるように
    60-80gのジグにアシストフックをつける
    ベアリング付きスナップとアシストフックの親和性を考えること

    でだ、この時期オフショアに行ったには理由がある。
    1つは魚の動向を探るため。
    2つ目は釣れるとして、どうやっておかっぱりから狙うか。
    これを考えるためだった。

    行ったのは新山下の渡辺。ってことはポイントはほとんどアクアラインより外。
    また本牧ふ頭の海釣り公園は釣れていて、若洲はまったく、ということから
    魚の群れはまだアクアラインを超えて湾奥には来てない気がする。

    ベイトが入っているかわからなかったが、魚探には影が出ていたようだからベイトが映っていたんだろう。
    それから釣れたシーバスのお腹。
    当たり前だがアフターの魚であろうという魚であった。
    産卵後の魚である。

    そしてショートバイト。釣れた魚の半数から3分の1くらいは
    針が口の中に掛かっていなかった。
    本格的に食いに来ている感じではなかった。
    そしてヒット中によくバレた。
    刺さりが浅いのであろう。
    丸呑みシーンはなかった。バスでもあったが春のバイトの特徴は
    じゃれるようなバイトである。
    水深は20-30m。表層ではない。ボトム付近に多かった。

    これを考えると、湾奥にシーバスの群れが入ってくるのは
    まだ先かなーと。
    バチが抜けていて、それをシーバスが食いだすのはもう少し先なのかなぁ、、、、

    というのが確かめたい情報だった。
    ついでに凄腕にエントリー!オフショアでエントリーするには
    プロフィールのホームをオフショアにして、登録でいいのかな??
    わからん!

    さて水深30mのシーバスをおかっぱりから狙うには
    キャスト先の水深が30mないと無理なんだが
    そういう場所があるのかな??
    300m沖が水深30mとして、300mキャストできないとだめですね。
    その手段は私の頭の中にはある。

    今の時期、シーバスを狙うにはショートバイト対策を何かしたほうがいい、ということですかね?

    次はいつ釣りにいけるんだろう、、、

    このページのトップヘ